05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

CANOVIANO CAFE

2009.08.16 (Sun)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、高級イタリアンのお店のカフェバージョン。
ちょっとリッチに都会の真ん中で親孝行してきました。

では、どうぞ。

CANOVIANO CAFE
東京都港区赤坂9-7-5 東京ミッドタウン プラザ1F(地図
03-5413-3226
10:00~23:30(月曜~金曜)
8:00~23:30(土日・祝日)
定休日:不定休
http://www.canoviano.net/
BGM:ジャズなど
Parking:周りに沢山あります

上では親孝行なんて書いてしまいましたが、2ヶ月も前の話です
国立新美術館で『ルーブル美術館展』をやっていて、母を誘って行ったんです。
同じ時期に上野の美術館でもルーブル展があったようですが、両方行く余裕がなかったので
行った事のないこちらの美術館をチョイス。
展示自体は宮殿の子供にスポットをあて、古代のおもちゃなんかも見る事ができ良かった
のですが、いわゆる誰でも知っているような絵画が殆どなかったので、そういうのも期待
していた私にはちょっぴり肩透かしでした。次回はもっと勉強してから美術館に行こうと
思います。

それでも2時間以上も会場で鑑賞し、お昼もとうにまわり、お腹ペコペコに。
いろいろ周りにあるお店を調べた結果、今回はこちらのカフェで食事をすることに。

場所はミッドタウンの庭園(?)の中。端っこに変わった形の建物があります、それがこちらの
カフェです。
CANOVIANO CAFE014

代官山に本店のリストランテを構えるお店のカフェ版のこちら。カフェとはいえどもかなり
敷居が高そうな感じです。
早速お店の中へ。と、やっぱり聞かれてしまいました『予約の有無』
席が空いていたのでなんの問題もなく通されましたが、やっぱりこういうお店は予約を
してから訪問した方が良さそうです。

店内は約60席くらいあるでしょうか。結構広いです。コンクリ打ちっぱなしですが、テーブル
クロスと椅子の真っ白さのおかげで、無機質ではありますが柔らかさがあります。

ランチとはいえコース料理のみでした。このへんは下調べしていたので大丈夫。
1人で3500円くらいのコースです。当然アルコールは別料金。真昼間ではありましたが、
皆さんビールやらワインやら飲んでいました。母がお酒飲めないので、私もアルコールは
パス。

早速提供が始まりました。
   CANOVIANO CAFE001

パンを直接クロスに置くのは清潔だという自信のあらわれかな。それとも正式な提供は
こうなのかな。詳しい人教えて下さい。

まずは前菜の登場。水牛のモッツァレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ風サラダ、
フリウリ産生ハム添えです
   水牛のモッツァレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ風サラダ フリウリ産生ハム添え-2

やや塩気の強いハムとモッツァレラチーズの相性が絶妙でした。トマトも味が濃くて新鮮!

次は尾長鯛のグリル(もっとちゃんとした名称でしたが失念)
尾長鯛

なんかバランスが悪くてゴメンナサイ。実物はもっと大きかったです。茄子、いんげん、
カボチャ、ズッキーニ、赤ピーマンはどれも野菜の味わいが十分楽しめます。お魚は
ホクホクでちょっと焦げた皮の部分がとても美味しかったです。

そして次にパスタ、仔牛のバラ肉の煮込みと聖護院大根のスパゲッティーニです。
   仔牛のバラ肉の煮込みと聖護院大根のスパゲッティーニ-3
大根の歯応えが結構残っていて、いろいろな歯ざわりが楽しめる面白い逸品です。
お肉は入っていますが、あまり肉々しい感じはありません。全体の料理の印象としては
野菜をメインにもってきたいのかなって感じるくらい、どれも主張を感じました。

そしてデザートとドリンク。私はチョコのアイス(名称失念)にホットコーヒー。
母はパンナコッタとホットティーです。
   CANOVIANO CAFE010

いろんな味わいが混ざったアイスです。キャラメルの味もしたんですが・・・。すみません
詳しく書けなくて。

   CANOVIANO CAFE009

母のは見てのとおり、フルーツも何品か入っておりました。

   CANOVIANO CAFE012

そして苦味メインのコーヒー。甘いものを食べたからかもしれませんが、結構お味は
濃い(苦い)感じがしました。母の紅茶はティーポットでの提供でした。

私達は普段着みたいな格好で行ってしまいましたが、周りのお客様達は結構小奇麗な
装い。場所柄かもしれませんが、デニムなどで行くのは控えた方がよさそうです。

とても美味しいお料理でしたので、いつか代官山のお店にも足を運びたいと思います。

ごちそうさまでした

スポンサーサイト
18:31  |  六本木・麻布・広尾  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

コメント

素晴らしい!

息子は永遠の恋人と言いますから、お母様にとっては最高のデートだったことでしょうね!
かずさん、なんて素敵な息子なんだろう☆
自慢の息子ですね。

新国立でもルーブルやってたんですよね。
私は上野に行きましたが、いつも混んでました。
新国立の方が穴場だったかも!?
でも上野の方が誰もが知ってる作品が多かったですね。
私は美術史を専攻していたので、美術館巡りは好きなんです。

それにしてもこの店、敷居高そう~。
だけどこんな店で息子とデートなんて本当に嬉しいだろうと思いますよ。
きっとお友達に自慢してらっしゃるんじゃないかな。

うちも親孝行しなきゃ!!
ミッタ |  2009.08.17(月) 07:07 | URL |  【編集】

そうそう!
こちらパンがクロスに直置きなんですよね~!
あたしも「清潔さアピール?」なんて思っちゃいましたw

複数人で行くと、デザートをそれぞれ違うものに…ってゆー心くばりも嬉しいですよね☆
いろんな味を少しずつってゆー女心をよくわかってます!

しかしあの店でカメラを出せたかずさんは勇気ありますねー!
あたしは…さすがに無理でした;(ゆえにブログにも載せてません)
kei |  2009.08.17(月) 12:48 | URL |  【編集】

こんばんは☆
おぉ!ちゃんと親孝行していて感心します♪

テーブルクロスの上のパンは
確か、お客さんが変わるたびに毎回綺麗なのに取り替えていると言う事で
テーブルクロスが所謂「お皿」と同じと言う事なんだそうですよ。

けっこうこう言う所好きなので
今度行ってみようかなぁと思います☆
く~ |  2009.08.17(月) 20:53 | URL |  【編集】

こんばんは~。

いえいえ、親孝行どころか親不孝者ですよ~。
いろんな面で早く安心させてあげたいものです。
ところでウチは父が外出嫌いなので、こういうイベントが
ないと、母も堂々と外出できないんですよ(超亭主関白)

もともと美術鑑賞には興味があったんですが
友人にそういうのに興味を持つ人がいなくて、
かといって1人で行くまでのアクティブさは
なかったんです。両親が海外旅行に行くようになって
興味を持つようになったのは、ある意味ラッキーでした(笑)

機会があれば、また連れてってあげようと思ってます。
ミッタさん |  2009.08.18(火) 20:01 | URL |  【編集】

こんばんは!

おぉ、keiさんもこちらは訪問済みでしたか。
そしてパンは・・・、やっぱりそう思っちゃいますよね~i-278
でもく~さんのお答えで納得です。さすが有名店は違いますね~。

カメラは・・・、ウチらいかにも『田舎から出てきました』
な感じだったので(周りはセレブ、エセレブ系ばかり)
ある意味堂々と使いましたよw
さすがに店内風景はお客様が沢山いたので無理でしたケド。
keiさん |  2009.08.18(火) 20:06 | URL |  【編集】

こんばんは!

テーブルクロスの情報有難うございました。
こういう配慮はさすがですね。

ワインなんかもいろんな種類があったので
く~さん達にもオススメです。
ただランチよりは、(ちょっと高くつくかも
しれませんが)ディナーの方がイイかもi-277
く~さん |  2009.08.18(火) 20:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cafeclubdiary.blog104.fc2.com/tb.php/525-3f87967c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。