05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

順正

2008.11.24 (Mon)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、カフェではありません、ごめんなさい。
京都グルメの代表的なもの、『ゆどうふ』のお店です。

では、どうぞ。


順正
京都府京都市左京区南禅寺門前(地図
075-761-2311
11:00~21:30
定休日:不定休
http://www.to-fu.co.jp/jp/
BGM:三味線とか琴の音
Parking:近場のパーキングしか・・・

OKUでゆっくりとお茶を楽しんだ後、八坂神社や建仁寺をぶらぶら。両方とも行った事も
あり、しかも観光客でごったがえしているので、早々に車を出して今日の目的のもう1つ、
南禅寺の夜の拝観をしに行くことに。ちょうど暗くなりライトアップもばっちりだったのですが
境内に入るまでに待ち時間40分 さすがに寒い中待っているのはツライ
ので、先に食事をしようという事に。

この時のお食事は友人たっての希望で湯豆腐に決定。ですが、もともと行きたかった
お店は17時半で閉店してしまうらしく、泣く泣く断念。ですが今回お伺いした順正さんも
なかなかの立派な庭園を有する有名なお店です。

残念ながら懐石は予約でいっぱいでコースのみとの事。それでもOKでしたので名前を
記入し、約20分ほど待機。その間に併設されているお土産屋さんの中を物色。
退屈しないのは良いですね(何も買わなかったですけど・・・

ちゃんと予約をすれば、庭園を眺められる席などに通されると思うのですが、いきなり
行ったので、座敷席に通されました。これはこれで気取らず、カジュアルで良いかな。
湯どうふ 順正011-2

湯どうふ 順正010-2

皆さん美味しそうに豆腐をつついています。日本酒を飲みながら、なんて最高でしょうね。
さて私達もオーダーです。1番リーズナブルなコースにしてみました。食べてばっかりで
あんまりお腹が空いてないので(笑)

そして次々と料理が運ばれてきます。まずは胡麻豆腐。
湯どうふ 順正001-2

野菜を炊いたもの。
湯どうふ 順正003-2

天ぷら
湯どうふ 順正005-2

田楽
 湯どうふ 順正006-2

そして湯豆腐。土鍋の中は2人前。
湯どうふ 順正007-2
綺麗に灰汁をすくってから撮れば良かったですね、ごめんなさい。

これにご飯とお漬物が付きます。
普段だったら何の問題もなく食べきってしまうのでしょうが、この時は苦しかったです。
お味はまずまずといったところでしょうか。矢継ぎ早に料理が出てくるので、ある程度
スタンバってるんでしょう。湯豆腐用のつけ汁が美味しかったな。

てきぱきと動く店員さんのおかげもあってか、回転率は高いような気がします。
外でも待ってる方がいらっしゃるので人気の高さが伺えますね。

これから深々と冷え込んできます。お寺参りの後に体を温めにほかほかの豆腐に
舌鼓をうってみてはいかがでしょうか?



この後無事に南禅寺の拝観を果たしました。

改めて、デジカメって本当に老若男女に普及したんだなって、実感しました。
私を含め大量のにわかカメラマン(笑)。

皆が同一の被写体を撮りたいのに、納得いく写真が撮れるまでそこから離れない人がいる
など、マナーの悪い方々に少々閉口しました

それでも少しは撮れたので、またもずうずうしくアップします。見ごろまであとちょっと
な感じかな。これも場所によってですが・・・。


南禅寺000001

南禅寺007

南禅寺029

スポンサーサイト
10:59  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cafeclubdiary.blog104.fc2.com/tb.php/423-e3367adc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。