07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

OKU gallery & cafe

2008.11.23 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、和カフェの新しい形を創造するお店。
私のイメージですが、なんとなくそんな感じがしました。
それと、器が美しいので、そちらも楽しめるお店です。

では、どうぞ。


OKU gallery & cafe
京都府京都市東山区祇園町南側570-119(地図
075-531-4776
11:00~19:00
定休日:木曜日
http://www.oku-style.com
BGM:ヒーリング系
Parking:私達はこちらに停めました。

おばんざいでお腹いっぱいになったものの、ゆっくりお茶を飲んだわけではないので
お茶を飲みに行こうという事になり、界隈をうろうろ。こちらの方に、気になるお店を
教えて頂いていたので、『いちえ』から近い事もあって、そちらへ。
お店の名前は『火裏蓮花』、場所はこの辺なのですが、お店の場所が探しあてられなくて、
1時間くらい付近をウロウロ。辿り着けそうになかったので、お店に電話したら、パッと見
分からないくらい細い道を入っていった所にありました。
火裏蓮花001-2

が、残念ながら店内満席で、未遂に終わりました。
その他にも近辺には沢山カフェがあって、入ってみたいお店もありましたが、友人が
いまいちな表情でしたので、それらはまたの機会に。

そして車を少しだけ走らせて、祇園の花見小路通りのすぐそばにある、OKUに
行って来ました。予定では3日目あたりに訪問するはずだったのですが、少々
前倒しです。

場所は花見小路通りと平行にはしる細い小道沿いにあります。外観を変にいじる事無く
作られた店先。そして木材の隙間からは和食器がディスプレイされています。
IMG_1901-2.jpg

店内は1階と2階の構成。2階は確認できませんでしたが、友人曰く12~16席くらい
のスペースとのこと。1階は、6人用の長テーブルと、4人用席が1つ、2人用の席が
計4つくらいだったと思います。

壁は白、テーブルは1枚板をそのまま、椅子はワインレッド。照明の使い方、庭の
見せ方、どれをとっても隙のない感じです。
IMG_1913-2.jpg

さてこちらのお店では、プリンに力を入れているようですので、私はプリンとコーヒーの
セット。友人はぜんざいのセット(日本茶で)にしました。

上の画像にはお客様は写っていませんが、お伺いした時は満席でした。ということも
あり、少々待ってからようやく友人のぜんざいが到着。続いて私のも来ました。
IMG_1904-2.jpg

    IMG_1906-2.jpg

   IMG_1905-2.jpg

        IMG_1908-2.jpg

お盆とかを含むと↓のような感じ。
IMG_1909-2.jpg
食べかけでごめんなさい。

やや硬めに作られたプリンは濃厚で上品な味わい。そしてカラメルのソースが特に
気に入りました。表現が難しいのですが、花のような香りがします。そのまま飲んで
しまってもいいくらいです。甘さが控えめなのも好み。
そしてコーヒー。どっしり重たい苦味優先タイプ。今回の旅の中で最も濃いお味だった
かもしれません。甘いものとの相性もバッチリです。

そして器がとても素敵です。ちょっと特徴的な急須の形とか、あえて丸みを排した
湯のみとか、かと思えば柔らかい曲線のコーヒー茶碗とか・・・。こういう器にも拘って
いるようで、ちょっと高いですが販売もしております。

店員さんの接客もとても良かったです。八坂神社や祇園の散歩などに疲れたら
立ち寄ってみて下さい。満足度は高いと思いますよ



スポンサーサイト
00:07  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

続々と京都カフェが出てきますね。

この店は未訪なので、どんなところなのか気になってました。
自分が勧めておきながらアレですが。
次回京都訪問時には必須ですな。
Ochi |  2008.11.28(金) 20:25 | URL |  【編集】

もうちょっとで京都編も終わりですが、行った
お寺の数よりもカフェの数の方が多くなって
しまいましたw

こちらのお店もかなり良かったですが、火裏蓮花も
すごく良さそうでした。私も次回の京都では
必須ですね~。

京都は何度行っても飽きないです。
Ochiさん |  2008.11.29(土) 11:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cafeclubdiary.blog104.fc2.com/tb.php/422-d3f8ef6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。