05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

一文字屋

2008.11.17 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、たぶん日本で最も長く続いている甘味屋さん(たぶんです!)
両者でしのぎを削っているのもまた面白いです。

では、どうぞ。


一文字屋
京都府京都市北区紫野今宮町69 今宮神社東門前北側(地図
075-492-6852
10:00~17:00頃?
定休日:水曜日
BGM:おばちゃんの呼び込みの声
Parking:5台分くらいあります(地図

茂庵を出て、次に伺ったのは、甘いものの店。いえ、それだけではなくて、今宮神社に
参拝する予定も兼ねてです

場所は京都市北区、ちょっと不便な所にあります。最寄りの駅は北大路。今宮神社の
表参道ではありませんが、別の参道からアクセスすると、こちらのお店があります。

この一文字屋さんは『あぶり餅』のお店です。メニューはこのあぶり餅1つだけ。
なかなかに潔いですね。この一文字屋さんから参道を挟んで正面にも『かざりや』さん
という名称で同じあぶり餅屋さんがあって、この2店はしのぎを削っているわけです。
今回は一文字屋さんを利用です。

創業1000年。今宮神社が出来たのが994年ですから、6年後に店を構え、
以来ずっと続いている老舗中の老舗です。

勿論建て替えをしているでしょうが、お店の前の雰囲気です。
一文字屋007-2

今は使われていないと思いますが、2階なんかもあるようです。
一文字屋008-2

店先で頂くことも出来ますが、私達は靴を脱いで、畳の席へ。
一文字屋002-2

さて、こちらで頂けるのは『あぶり餅』というお餅ただ1種類だけです。この1種類だけで
1000年以上お店を営んでいます。すごい事ですよね!

このあぶり餅は、竹串の先端に親指の半分くらいの大きさのお餅が刺さっていて、これが
15本で1人前です。白味噌の餡みたいのがかかっていて、甘じょっぱい感じです。
一文字屋004-2

一文字屋006-2
お茶は飲み放題(たぶんw)

15本って多いように感じられますが、お餅の大きさがそんなでもないので、あっという間に
食べきれちゃいます。注文をとる時に、『1人前でいいの?』って聞かれるくらいですから。

正面にも全く同じのあぶり餅を出しているお店があって、両店で盛んに呼び込みを行って
います。そんな光景をぼんやり眺めながら、参拝前のひと時を過ごしたのでした。



甘いものを食べた後、参拝を致しました。
特別信心深いってわけでもないんですけど、それでもこういう所に来ると、身が引き締まる
感じがしますね。
今宮神社010-2

今宮神社009-2

今宮神社006-2

今宮神社011-2
参道はすっかり秋の装いです。
スポンサーサイト
00:40  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cafeclubdiary.blog104.fc2.com/tb.php/416-39a2a37a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。