10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Cafe Casa Da Noma

2008.08.17 (Sun)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、美味しいブドウとワイン。
酒造会社がオープンしているカフェです。

では、どうぞ。


Cafe Casa Da Noma
山梨県甲州市勝沼町勝沼3181(地図
0553-44-5233
11:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
営業期間:4月1日~11月30日(重要です)
http://www.haramo.com/
BGM:申し訳ありません、失念
Parking:併設の駐車場、20台くらいは停められそうです。

週末は体を休めるか、リラックスできる所に行くようになった最近。
今回は車で少し足をのばしてみました。
地方のカフェやグルメを紹介しているサイトでこちらが紹介されていて、是非とも、と思ってた
お店です

場所は山梨県の勝沼。ワインの醸造が盛んなだけでなく、桃を始めとした果物でも
有名な土地。
場所は勝沼ICを降りて北に向かって約10分。曲がる所がちょっと分かりづらいですが、
そんなに沢山小道があるわけでなないので大丈夫でしょう
電車だと勝沼ぶどう郷駅、歩くと20分から30分くらいといったところ。

こちらは原茂ワイン株式会社という所が期間限定で併設のカフェを営業しているのです。
当然ぶどうの栽培もやっており、敷地内にはぶどう棚が広がっています。
Cafe Casa da Noma019 Cafe Casa da Noma001 Cafe Casa da Noma018

おそらく蔵を改造して店舗風に造り直してると思われる店内。カフェは2階になります。
Cafe Casa da Noma017

少々急な階段を上がっていくと、4人用の席が6つくらい。そして2人で楽しめそうな
テラスの席が2つあったと思います。
黒光りする太い梁、高い天井、漆喰と思われる壁、趣深いです。
Cafe Casa da Noma002 Cafe Casa da Noma003
                   Cafe Casa da Noma007 Cafe Casa da Noma004

こちらでは当然ワインを楽しみたいところですが、運転ということもあり断念。
私はカプチーノにしてみました。連れはぶどうジュースです。
Cafe Casa da Noma006 Cafe Casa da Noma005
こんもり盛られた泡は、ものすごくキメ細かではありませんが、コーヒーの苦味と共に
最後まで十分に楽しむことが出来ます。

そしてお待ちかねのお食事。種類は2択。カーサ・ダ・ノーマ風カリーとパンの気まぐれ
ブランチ。もちろん両方頼んでみました。
まずはカリー。サラダとピクルスが付いてきます。
Cafe Casa da Noma012 Cafe Casa da Noma010

とてもサラサラの辛さ控えめのカレーです。スープカレーと言ってもいいかもしれませんね。
トマトの酸味が程よく感じられます。そしてごろっと大きなお肉が2つ。まずまずの量です、
女性なら十分満足でしょう。

そしてパンの気まぐれブランチ。
Cafe Casa da Noma008
カレー大好きな私ですが、やはりこちらのカフェではこちらをオススメします。
舞茸、シシトウ、などのグリルに南瓜のサラダ、ジャガイモの冷たいスープ、トマトの
ソーセージ等々もりだくさんです。パンも種類がありますし、満足度はかなり高いです。

せっかくココまで来たので、デザートも頂いてみました。
Cafe Casa da Noma013
杏のワイン漬け(うる覚え)と、バラのアイスとシナモンのアイスです。
ワイン漬け、美味しいです。当然アルコールはとんでしまってますが、それでも香りが
良くて・・・。お酒は飲めませんでしたが、雰囲気は十分楽しめました。ごちそうさまでした。

近くには温泉があったり果樹園があったり、これからの季節は更に味覚が楽しめそう
ですね。期間限定ですが、美味しい食事とワイン、試してみて下さい。

帰りに1階の販売スペースで白のハーフを買ってみました。

Cafe Casa da Noma016 IMG_0893.jpg

この後、第2の目的、温泉に行ってきました。

ほったらかしの湯
山梨県山梨市矢坪1669-18
0553-23-1526
日の出から1時間前~22時
定休日:なし
http://www.hottarakashi.com/
入浴料:600円(2008年9月より700円)

ほったらかしの湯001 ほったらかしの湯002

夕方から夜にかけて入ると、甲府盆地の絶景の夜景を楽しみながら、お湯に浸かる
ことができます。ぬるめのお湯もありますので、ゆっくりと景色を楽しめます。

オススメですよ。
スポンサーサイト
16:06  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://cafeclubdiary.blog104.fc2.com/tb.php/229-190569cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。