07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ambient cafe mole

2009.08.30 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、緑とオレンジのコントラストが見事なカフェ。
心が落ち着くように計算されたような工夫が感じられる、そんなカフェです。

では、どうぞ。

ambient cafe mole
京都府京都市中京区御幸町通二条下ル山本町424(地図
075-256-2038
11:30~18:00
定休日:水曜日
http://cafemole.web.fc2.com/
BGM:環境音楽?
Parking:見つけたのは、ちょっと遠いですけどココ

京都編の最後の1軒です。
KAFE工船を出てお腹ペコペコの状態で、こちらのお店へ。
こちらは仲良くさせて頂いているコチラの方が大絶賛だったので、今回の京都行きの際に
真っ先に伺うことが決定していたお店なのです。くしくも今回最後のお店となりました。
(電車の時間が迫っていたのです)

場所は京都市役所前駅から約5分。駅からこんなに近いのに1本筋に入ってしまうと
結構のんびりした雰囲気なのは、いかにも京都らしい感じです。

お店はたぶんすぐに分かると思います。店前には結構な量の植物が植えられています。
ちょっと異国の雰囲気です。

     ambient cafe mole010

中へお邪魔すると、1組のお客様。1番の特等席、窓際の席に座っておられました。
私は1番奥のソファの席へ。フカフカの椅子に体を沈めました。

ほの暗い店内には、ひょうたんを様々な模様にくりぬいて照明にしたものが沢山置かれて
います。これが流れる音楽と相まって不思議な安らぎ空間を作っています。
そんな、照明達をどうぞ。

     ambient cafe mole001

ambient cafe mole003

     ambient cafe mole002

ambient cafe mole005

特等席にも設置されています。

ambient cafe mole004

さて雰囲気を楽しんだら次はお腹です。今回はキーママタルカレーに。サラダ付きです。
それに食後に冷たいチャイをお願いしました。

     ambient cafe mole006

ご飯は玄米となっちます。水分が少なめですので、カレーのルーとの相性はさらに
増しているような気がします。辛さは控えめですので、辛いのが苦手な人でも大丈夫。
普通盛りにしては量は多い方だと思います。そして添えられるサラダはポテトサラダも
入っていて、満足度が高いです。

そして食後のチャイ。

     ambient cafe mole008

これまた結構たっぷりの量です。汗を沢山かいたので、本当に助かりました。氷が溶けても
味わいはそんなに薄まりませんでした。

お腹も満たされて本を飲みながら最後の京都のひと時を楽しみました。なんとなく水の中に
いるような浮遊感を感じられる感じ。
食事もリーズナブルで美味しいですし、なにより沢山のひょうたんの照明は一見の価値あり
です。

是非特等席を狙って行ってみてください、オススメですヨ

スポンサーサイト
23:11  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

FACTORY KAFE工船

2009.08.26 (Wed)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、変わった店名ではありますが、濃厚なコーヒーが
楽しめるお店です。
素敵な器も是非楽しんで下さい。

では、どうぞ。

FACTORY KAFE工船
京都市上京区河原町通り今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F G号室(地図
075-211-5398
12:00~20:00
定休日:火曜日(祝日は営業)
http://d.hatena.ne.jp/kafekosen/
BGM:ボサノバっぽい曲でした
Parking:ココにあります

好日居で予定よりはるかにゆっくりしてしまったので、その後の予定が大分変更に(笑)
というわけで、ランチの前に美味しいコーヒーを頂きに、こちらのお店に行ってきました。

好日居から自転車だとのんびり走って20分くらいでした。土地勘のある人ならもっと
早く着けるでしょうね。電車ですと出町柳という駅が最寄りのようです。

さてお店の目の前を通れる自転車で動いているにも関わらず、3回も通り過ぎてしまった私。
それくらいお店がある雰囲気は感じられません。年期の入ったビル(マンション?)の2階に
お店はあります。

   KAFE工船006
            ↑
私は郵便受けの『カフェ工船』で、ようやくココだと判断できました

自転車を停めて中に入っていくと・・・。

   KAFE工船005

どうやら間違いないようです(笑)

ギシギシときしむ急な階段を上がっていくと・・・

   KAFE工船004

狭い廊下しかありません。右手にある茶色い引き戸がお店なのですが、最初分からずに
進んでしまい、共用のトイレ&洗面場?みたいな所に突き当たってしまいました・・・
そのくらいお店っぽくない玄関先です・・・。

店内はカウンターが6席ほど。もしかしたら手前の長テーブルも使えるのかもしれません。
席数自体はそれくらいしかないので、週末はもしかしたら待ちになる可能性があります。
そして驚いたのは、自転車屋(部品屋?)も一緒にやっているのか、何台もの自転車が
置いてあったことです。

さて、カウンターの1番端っこに座って、今回お願いしたのはホットコーヒーのメキシコ。
こちらのお店では、産地で注文するようです。そしてちょっと面白いのは、ラーメン屋さんの
ようにこってりとあっさりが選べるんです。今回はこってりで。カフェオレとかアイスコーヒー
などの注文にも応えてくれます。

待ってる間にちょっとだけ撮影させて頂きました。

   KAFE工船001

   KAFE工船002

お茶のメニューも若干あるようです、スイーツも少々。

三軒茶屋のtocoro cafeのようなお点前を見つつ(淹れかたは全く違いますが)待っていると
念願の1杯が出て参りました。

   KAFE工船003

こちらの器は辻和美さんという作家さんのものです。全く知らずに伺ったので、じっくり
眺めずに帰ってきてしまったのですが、有名な作家さんのようで・・・

さてコーヒーのお味は、こってりというだけあって、本当に濃いコーヒーです。もちろん
エスプレッソのような感じではなく、漏れなく抽出されたコーヒーの結晶といった感じ。
鼻に抜ける香りが美味しいウィスキーを飲んでるのと、ちょっと似ています。

こちらのお店も1人で行くか、せめて2人くらい出行くのが良さそうです。
丁寧に丁寧に淹れてくれたコーヒーを楽しみながら、ゆっくりと自分の時間を楽しんで下さい。

20:59  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

好日居

2009.08.23 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、気遣いの素晴らしい京都のお茶屋さん。
私が訪問した京都のカフェの中でも1・2を争う名店です。
では、どうぞ。

好日居
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町91-82(地図
075-761-5511
13:00~18:00
定休日:月曜・火曜とときどき不定休
http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com
BGM:外国の合唱やオペラっぽい音楽を小さな音で。
Parking:道すがら見つけたのはココですが、もっと近くにあるかも。

京都2日目、この日がメインの観光とカフェ巡りになります。とはいっても昨日の仕事の
疲れが抜けきっていないので、わりとスロースタート。
10時半くらいにホテルの近くにあるレンタサイクルで自転車を借りて、まずは建仁寺へ。
このお寺、初めて行ったのですが、すっごく良くてかなり長い時間拝観をしました。
素晴らしい庭や建物などを写真に収めながらのんびりしていたら、暑さと喉の渇きを
感じ、ようやく本日1軒目の好日居さんへ。

建仁寺から好日居は自転車で20分くらいでしょうか。場所は平安神宮と知恩院の
ちょうど真ん中くらいにあります。参道のそばではありますが、賑やかな感じは全くなく
落ち着いた時間が流れています。

   好日居014

早速お店の中へ。長屋造りの建物で、玄関をくぐると右側が道路に面した板間の
小さな部屋。左がキッチン&カウンター席の小さな畳部屋、次に板間、最後が特等席の
窓側にある土間っぽい席となります。

店内では私の他に12月にこちらでギャラリーを催すための関係者の方々が打ち合わせに
窓側の席を使っておりました。ので、私はその隣りにある広めの板間に腰を下ろしました。

メニューはお茶系3種類と、チャイのみです。全てのドリンクには小さいお菓子が付いて
きます。温かいのも冷たいのもできます。結構汗をかいたので、冷たい岩茶にしました。

お茶を待っている間に、お店の方にお願いして別の部屋も見せて頂くことに。

ここからは写真メインでどうぞ。

   好日居004

1番道路側の席です。三軒茶屋のObscuraにあるような素敵な椅子。これが2脚あります。
そのお隣には4人で座れるような低いテーブルの席。距離感がつかめなくて、なかなか
上手く撮れませんでした・・・。

   好日居005

玄関の方から、庭の方を眺めると↓な感じ。

   好日居003

エアコンはついていませんが、風が抜けてとっても気持ち良かったです。

そして座ったところからカウンターを見上げてみると・・・。

   好日居002

常連ともなれば、こちらに座ってお店の方と会話を楽しむんでしょうね

写真を撮らせて頂き、本を読んでまってると、お茶が参りました。

好日居006

見てお分かりになると思いますが、急須、2杯(2せん)目を冷ましておくピッチャーの
ような器、そして氷をたっぷり入れた金属製の差し器? これをお猪口?で頂きます。
グビグビ飲みたいのをぐっとこらえ、十分味わって頂きました。岩茶って初めて飲んだ
のですがとっても美味しいですね 勿論淹れかたも上手に違いありません。

どの器も素敵なんですが、やはり金属の差し器が1番気に入りました。水滴がとても涼しげ。

   好日居012

お茶を飲みつつほっこりしていると、お店の方の気遣いで(打ち合わせで賑やか過ぎるとの事)
わざわざ道路側の席まで移動してくれました。移動するまでしきにり『騒々しくてすみません』
って言われてたんですが、全く気にしてなかったんです。それをあえて席まで移動してくれ
て・・・、本当に大感激でした。

で、折角席を移って頂いたので、撮らせて頂きました(笑)

好日居009

好日居011

そしてまたのんびり・・・。お茶はなくなると、お湯を継ぎ足してもらえます。お言葉に
甘えて、何回か足してもらいました。

本当に店員さんの対応が素晴らしくて、最高の気遣いのもとお茶の時間が楽しめました。
しかも、打ち合わせに来ていた方々が焼いてきたケーキをお裾分けしてもらい、
そのケーキもとても美味しくて、大満足でした。

京都に行ったら再訪必至です。それくらい大好きなお店となりました。
紹介してくれた皆さん、本当に有難うございました

19:11  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

cafe marble

2009.08.22 (Sat)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、タルトとキッシュが自慢の町屋カフェ。
観光地ではありますが、平日の夜は近隣のカフェ好きさんで賑わっておりました。

では、どうぞ。

cafe marble
京都府京都市下京区仏光寺高倉東入ル西前町378(地図
075-634-6033
11:30~22:00(LO21:30)
11:30~20:00(日曜・祝日)
定休日:水曜日
http://www.cafe-marble.com/
BGM:カフェミュージック
Parking:近くにコインPがあります(地図

美味しい天ぷらを堪能した後は本命のクラブ活動です。天ぷら屋さんから歩いてすぐの
範囲で、帰り道の途中、22時くらいまでやっている、という条件で絞った結果、こちらの
cafe marbleとなりました。

場所は烏丸の駅からのんびり歩いて5~6分くらいでしょうか。この辺りは夜ともなると
ひっそりと静まりかえってしまいます。東京のようにどこを歩いても明るいという感じでは
ありません。

そんな場所ではありますが白色電球の灯と停めてある自転車が目印となって、お店は
すぐに発見できました。

   cafe marble009

お店に着いたのは21時20分くらい、LOギリギリでした。承知で伺ったのですけどネ

店内は真ん中やや右よりの奥行き方向に立つ壁を境にゆったりソファ席と、2人用テーブル席
に分かれています。勿論ソファ席に座りました(4人用を堂々とw)
店内にある席は↓のように重厚なものまであったりして、色々試してみたくなります。

   cafe marble007

上の写真はお客様が帰った後にサクっと撮ったものですが、店内はほぼ全ての席が
埋まっており、人気の高さがうかがえます。

さてタルトとキッシュが自慢ということで、食後のデザートにタルトを頂きました。
イスコーヒーを一緒に注文。

   cafe marble006

初めてのレンズで、どれだけ寄ったらいいのかがさっぱり分からず、中途半端な上にボケた
画像になってしまってごめんなさい。

お味の方は、確かに自慢のタルトだけあって、美味しいです。かなり生地がしっかりして
おります。上に乗ってるのは・・・、たぶんリンゴ? 上のクリームがすっごい美味しくて
そっちの印象が強烈に残っています。

店内の壁には、こちらのカフェのイメージキャラクター(?)のクマがデカデカと書かれていま
した。そんな写真も撮りたかったんですけど、入りきらなかったので止めました。
もし気になる方がいらっしゃいましたら、大手グルメサイトに沢山載ってますので、
チェックしてみて下さい。

お店の方も程よいほっとき具合と感じの良い接客で、十分カフェ時間を楽しむ事が
出来ると思います。

いろいろと食事のメニューもあるようですので、機会があったらキッシュ等食事を頂いて
見たいと思います。

ごちそうさまでした

   cafe marble004

16:36  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

高瀬舟

2009.08.22 (Sat)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、カフェではありません、ごめんなさい。
老舗の天ぷらに舌鼓。1人で行きましたが、お店の方との会話がとても盛り上がりました。

では、どうぞ。

高瀬舟
京都府京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町188(地図
075-351-4032
11:00~15:00(お昼)
16:30~21:30(夜)
定休日:月曜日
BGM:琴の音の有線?
Parking:すみません、見つけ忘れました。

仕事の都合で京都に行ったついでに、1日だけ休みを加えて京都観光を堪能してきました。
といっても本当に1泊できるかどうか、という状態だったので(宿もとってなかかったし)、
どこのホテルに泊まるとか、どこを観光するとか、(最も重要な)どこのカフェを周るかというのは
直前まで決めていませんでした。

1泊が決定してホテルにチェックイン。持って行ったPCで早速カフェのチェック。カフェ友に
何店もオススメを上げて頂いてたので、候補となるお店はだいたい決定。
でも、京都の食事がカフェだけというのもアレでしたので、詳しい友人からオススメを
聞いたところ、こちらのお店を紹介して頂きました。

場所は四条大橋のすぐそばです。カフェ巡りに詳しい人ならフランソワ喫茶室の3軒くらい隣り、
といえば分かるんじゃないでしょうか。

ちょっと敷居が高そうな店構えですが、メニューがおもてに出ていて、確認できますので
ご安心下さい。というか、リーズナブルなんですよ

   高瀬舟001

早速お店の中へ。私と入れ違いで帰っていく女性2人。店内にお客は私だけとなりました。
店内はカウンター5~6席と奥のお座敷。2階もあるのかな、ちょっと未確認です。

頂いたのは天ぷらの定食『嵐山』1500円です。

高瀬舟002-2

茄子、シソ、えりんぎ、おくら、かぼちゃ、エビ×2、春雨、まだあったと思うのですが・・・。
ちなみに春雨は手前にちょっと写ってる赤出汁のお味噌汁にジュワっと浸して頂きます。
某グルメサイトにはころもが重たいといったレビューも見られますが、私の実家の天ぷらの
方が遥かにころもが重たいので全然OKです(笑)

店内には明治時代に撮られた写真が飾られていて、その写真の話を聞いてから、いろんな
話に花がさきました。カウンターだったので最初緊張してたんですが、話好きのご主人と
女将さんのおかげで楽しい時間を過ごす事ができました。

創業から54年経つ老舗の天ぷら屋さん。このまま60年も70年も続けていって欲しいと
思います。

   高瀬舟003

14:55  |  番外編  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

CANOVIANO CAFE

2009.08.16 (Sun)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、高級イタリアンのお店のカフェバージョン。
ちょっとリッチに都会の真ん中で親孝行してきました。

では、どうぞ。

CANOVIANO CAFE
東京都港区赤坂9-7-5 東京ミッドタウン プラザ1F(地図
03-5413-3226
10:00~23:30(月曜~金曜)
8:00~23:30(土日・祝日)
定休日:不定休
http://www.canoviano.net/
BGM:ジャズなど
Parking:周りに沢山あります

上では親孝行なんて書いてしまいましたが、2ヶ月も前の話です
国立新美術館で『ルーブル美術館展』をやっていて、母を誘って行ったんです。
同じ時期に上野の美術館でもルーブル展があったようですが、両方行く余裕がなかったので
行った事のないこちらの美術館をチョイス。
展示自体は宮殿の子供にスポットをあて、古代のおもちゃなんかも見る事ができ良かった
のですが、いわゆる誰でも知っているような絵画が殆どなかったので、そういうのも期待
していた私にはちょっぴり肩透かしでした。次回はもっと勉強してから美術館に行こうと
思います。

それでも2時間以上も会場で鑑賞し、お昼もとうにまわり、お腹ペコペコに。
いろいろ周りにあるお店を調べた結果、今回はこちらのカフェで食事をすることに。

場所はミッドタウンの庭園(?)の中。端っこに変わった形の建物があります、それがこちらの
カフェです。
CANOVIANO CAFE014

代官山に本店のリストランテを構えるお店のカフェ版のこちら。カフェとはいえどもかなり
敷居が高そうな感じです。
早速お店の中へ。と、やっぱり聞かれてしまいました『予約の有無』
席が空いていたのでなんの問題もなく通されましたが、やっぱりこういうお店は予約を
してから訪問した方が良さそうです。

店内は約60席くらいあるでしょうか。結構広いです。コンクリ打ちっぱなしですが、テーブル
クロスと椅子の真っ白さのおかげで、無機質ではありますが柔らかさがあります。

ランチとはいえコース料理のみでした。このへんは下調べしていたので大丈夫。
1人で3500円くらいのコースです。当然アルコールは別料金。真昼間ではありましたが、
皆さんビールやらワインやら飲んでいました。母がお酒飲めないので、私もアルコールは
パス。

早速提供が始まりました。
   CANOVIANO CAFE001

パンを直接クロスに置くのは清潔だという自信のあらわれかな。それとも正式な提供は
こうなのかな。詳しい人教えて下さい。

まずは前菜の登場。水牛のモッツァレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ風サラダ、
フリウリ産生ハム添えです
   水牛のモッツァレラチーズとフルーツトマトのカプレーゼ風サラダ フリウリ産生ハム添え-2

やや塩気の強いハムとモッツァレラチーズの相性が絶妙でした。トマトも味が濃くて新鮮!

次は尾長鯛のグリル(もっとちゃんとした名称でしたが失念)
尾長鯛

なんかバランスが悪くてゴメンナサイ。実物はもっと大きかったです。茄子、いんげん、
カボチャ、ズッキーニ、赤ピーマンはどれも野菜の味わいが十分楽しめます。お魚は
ホクホクでちょっと焦げた皮の部分がとても美味しかったです。

そして次にパスタ、仔牛のバラ肉の煮込みと聖護院大根のスパゲッティーニです。
   仔牛のバラ肉の煮込みと聖護院大根のスパゲッティーニ-3
大根の歯応えが結構残っていて、いろいろな歯ざわりが楽しめる面白い逸品です。
お肉は入っていますが、あまり肉々しい感じはありません。全体の料理の印象としては
野菜をメインにもってきたいのかなって感じるくらい、どれも主張を感じました。

そしてデザートとドリンク。私はチョコのアイス(名称失念)にホットコーヒー。
母はパンナコッタとホットティーです。
   CANOVIANO CAFE010

いろんな味わいが混ざったアイスです。キャラメルの味もしたんですが・・・。すみません
詳しく書けなくて。

   CANOVIANO CAFE009

母のは見てのとおり、フルーツも何品か入っておりました。

   CANOVIANO CAFE012

そして苦味メインのコーヒー。甘いものを食べたからかもしれませんが、結構お味は
濃い(苦い)感じがしました。母の紅茶はティーポットでの提供でした。

私達は普段着みたいな格好で行ってしまいましたが、周りのお客様達は結構小奇麗な
装い。場所柄かもしれませんが、デニムなどで行くのは控えた方がよさそうです。

とても美味しいお料理でしたので、いつか代官山のお店にも足を運びたいと思います。

ごちそうさまでした

18:31  |  六本木・麻布・広尾  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

梅蘭 (横浜中華街本店)

2009.08.14 (Fri)

こんばんは。

今回ご紹介するお店はカフェではありません、ごめんなさい。
中華街でボリューム満点の料理を堪能してきました。

では、どうぞ。

梅蘭 (横浜中華街本店)
神奈川県横浜市中区山下町133-10(地図
045-651-6695
11:30~15:00(平日昼)
17:00~22:00(平日夜)
11:30~22:00(土日祝日)
定休日:不定休
http://www.bairan.jp/pc/
BGM:かかってたとは思うんですが・・・
Parking:警察署の近くに停めたのですが、ちょっとうる覚えなので、お載せできません・・・。

お盆休み真っ只中ですね。ゆっくり羽を伸ばしている人も多いんじゃないでしょうか。
かくいう私も休みなのですが、溜まりに溜まった仕事を持ち帰ってきてるので、ちっとも
夏休みという感じがしません。カフェにも殆ど行けない状態です。

と、愚痴はいいとして、横浜は今年開港150周年とういことで、色々なイベントを催している
ようです。このお休みを利用してこういう所で歴史に触れ、その後の食事を中華街で、なんて
良いですよね。

そこで今回の記事は中華街で頂いてきたお店のレポートにしてみました。
実はこちらのお店に行く前に山東という中華のお店に行ったんです。5~6組くらいの
待ちができていて、入れ替えしたばかりで時間が読めないとお店の人に言われてしまい、
急遽2番めに用意しておいた梅蘭初めて訪問してみることに。

さてお店に到着。電車で行く場合は元町・中華街の駅を降りて5~6分でしょうか。
メインの通りではないので、ちょっと見つけにくいかもしれません。自信のない人は、ちゃんと
地図をプリントアウトしていった方がよさそうです。

1階と2階に席があります。私達は靴を脱いで2階へ。何組かのお客様が食事を楽しんで
おりました。ので、周りの風景は↓だけ。トイレの入り口(?)と直結してるのは、さすが
中華街にある建物(笑)

梅蘭002

腹ペコで行ったので、結構頼んでも大丈夫だろうと思い、好きなものを何品か頼みました。
回鍋肉、焼き餃子、水餃子、梅蘭焼きそば、チャーハンの5品です。

最初に出てきたのは、大好きな回鍋肉。大皿での写真を撮り忘れてしまいまして、
取り分けたもので・・・、しかもブレちゃってますが

梅蘭003

ピリッと辛い回鍋肉、最高です。これで白いご飯食べたら止まらないだろうなぁ。

次にやってきたのは、このお店の名物焼きそばです。

梅蘭004

直径30センチくらいあるでしょうか。ものすごいボリュームです。見ておわかりのとおり
私達が普段食べるような焼きそばではありません。溶き卵をフライパンの上に敷いて
たっぷりの餡を載せ、その上から麺をかぶせて両面を焼いたような、そんな料理です。

割ってみると↓な感じ。
梅蘭005

すいません寄りすぎちゃいました。この餡がまたとても美味しいんですよ。

そして本来の目的である餃子が登場。

   梅蘭006

好みで言うと焼き餃子の方が好きかな。でも水餃子の肉汁も捨てがたいです

この時点で大分お腹も満足だったのですが、最後にチャーハンが登場しました。

梅蘭007

ドーンと2合分くらいの量のチャーハンです。来た時目がテンになりました
パラリと抜群の炒め具合のチャーハンはお腹いっぱいでも結構食べられます。

・・・が、あとほんの少しを残して無念のリタイア。ちょっとあまくみておりました。
出されたものは残さないのが身上の私ですが、今回はあとちょっとで箸が止まってしまいました。
農家の皆さん、ごめんなさい。

こちらのお店は上の焼きそばが大当たりして渋谷などいろんな場所に支店があるようですが、
やっぱり中華街の本店で食べるのがオススメ。雰囲気も味の1つということで

2人で行くのも勿論良いですが、何人かで行って、いろんなものをガッツリいっちゃって下さい

ごちそうさまでした

   梅蘭009

19:09  |  番外編  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Sign Kasumigaseki

2009.08.11 (Tue)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、待ち合わせだけではもったいない、官庁街ど真ん中にあるカフェ。
とっても広くて明るい店内で、気持ちの良い食事ができますよ。

では、どうぞ。

Sign Kasumigaseki
千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング 霞ダイニングLBF(地図
03-6206-1050
11:00~23:00(平日)
11:00~21:00(土曜)
定休日:日曜・祝日
http://www.transit-web.com/
BGM:カフェミュージック
Parking:ビルの駐車場をどうぞ。

たまに研修の為に行く虎ノ門界隈。普段は外出なんて滅多にないので、こういう時は
ちょっと羽を伸ばしちゃいます。
今回のお昼は研修場所から少々歩きますが、TV Cafe+にしようと思っておりました。
トコトコ歩き、店前に到着。すると目の前にSignがあるではありませんか。今年の4月に
オープンしていたコチラの事をすっかり忘れておりました。以前に外苑前のお店は訪問
した事があり、好印象だったので、急遽コチラでランチをすることに。

Sign kasumigaseki001

12時15分くらいにお店へ。何人か順番待ちのお客様がいらっしゃいましたが、単に席に
案内されるのを待ってるだけでした。ですので私もすぐに席に。コチラのお店は4人席が
多いようで、1人で訪問すると、カウンターの席か、10人分くらいの大きなテーブル席に
通されてしまうようです。ランチの時間帯ですし、しょうがないですよね。

店内は驚愕の96席。ですので座った席からは、他のテーブルや椅子がどんなものか
よく分かりませんでした。でも天井がとても高いので、広々感は十分に満喫できましたよ。
結構バッチリ晴れていたのですが、思いのほか外からの日差しがきつく感じなかったのは
緑色っぽいガラスのおかげでしょうか・・・。

   Sign kasumigaseki002

さて早速ゴハンに致しましょう。今回は紅ズワイガニと岩海苔のスパゲッティペペロンチーノの
ランチにしました。これにドリンクとサラダが付いてきます。

まずはサラダ。

Sign kasumigaseki005

サニーレタスしか見えませんが、他にも野菜が入ってたと思います(うるおぼえ・・・)

そしてメインのパスタ。

Sign kasumigaseki006

大変失礼ながら、想像以上にカニの身が入っていて嬉しかったです(笑)
緑色のは海苔なんですよ。ニンニクの香りももちろんしますが、海苔が入ってるおかげで
風味が増して美味しかったです。

そして食後のコーヒー。

   Sign kasumigaseki003

パスタの余韻を邪魔しない親しみやすいタイプ。

午後からの仕事の鋭気を養う男女で、店内はとても活気に溢れていました。
自分も時間ギリギリまで寛いで、午後からの研修に向けて力を蓄えたのでした。

18:57  |  23区その他  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Cafe Obscura

2009.08.09 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、以前に訪問したカフェの再訪記事になります。
初訪問から2回目の訪問までの間隔が今までで1番短い、それくらい気に入ってる
カフェです。

では、どうぞ。

Cafe Obscura
詳細はコチラをご覧下さい。

loisirでゴハンを食べて、お店を出たのが21時過ぎ。お酒好きな人達ならもう1軒バーか
なんかで、という発想になりそうですが、私の場合はやっぱりカフェ(笑)
といっても、全く調べてなかったので、先日に初訪問して感動したObscuraのコーヒーを
友人にも楽しんでもらうことにしました。

車をひとっ走りさせて、到着。夜のObscuraもシックでとても良い雰囲気です。

Cafe Obscura2006

お店には他のお客様がいなかったので、2人用のソファ席に座らせて頂きました。
深く沈むこの椅子でゆっくりと出来るなんて、ちょっと贅沢な気分です。

ちなみに前回座った席はコチラ↓
  Cafe Obscura2004

そして早速オーダー。私はチョコレートという苦味メインのブレンドと、紅茶のシフォン。
友人は名前を失念してしまいましたがストレートコーヒーとチーズケーキをオーダー。

まずはケーキ類から。

Cafe Obscura2002

Cafe Obscura2001

どういう構図で撮っていいか分からず、ヘンテコな写真になってしまいました・・・

そしてコーヒー登場。

   Cafe Obscura2003

コーヒーは相変わらず文句なく美味しいです。友人も喜んでおりました。私のブレンドですが
好みからすると前回頂いた方が好きな味わいでしたが、今回のブレンドも苦いだけでなく
深みのある重厚な味わい。そして嫌な後味が残らないのは『さすが!』の一言です。

シフォンケーキはとても軽いので、お腹いっぱいでも沢山食べられそうです。とっても
良い香りです。

いろいろ話しに夢中になってたら閉店ギリギリになっていました。ちなみにコチラは夜は
照明が落とされていますので、場所によっては読書には適さないかもしれません。
でもこのこれくらいの方が五感が研ぎ澄まされてよりコーヒーの味や香りを楽しめるかも
しれませんね

これでブレンドは試し終わったので、次回からはストレートコーヒーを色々飲んでみたいと
思ってます。

ごちそうさまでした

   Cafe Obscura2005

22:22  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

loisir

2009.08.08 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお見せはこの界隈では有名なパン屋さんカフェ。
表参道にお見せを出すNid Cafe系列のお店でもあります。

では、どうぞ。

loisir
東京都世田谷区上野毛1-25-2(地図
03-6909-0962
10:00~21:00(平日・土曜)
10;00~20:00(日曜)
定休日:月曜日
http://ctn139.com/
BGM:すみません、頭に残りませんでした
Parking:コチラにあります

とある週末、いつものごとくクラブ活動 といっても大分前の話です。
最近では全く平日にカフェに行けなくなっており、たまった記事を週末に書き綴っている
状態です、申し訳ございません

今回友達と訪問したのはこちらloisirさんです。友達曰く、上野毛界隈では有名な
パン屋さんで、カフェもやっているトコがある、と言う話を聞き、お店に行ってみたら
loisirでした。
上にも書いてあるとおりcent trente-neuf系列ですので、いろんな意味で安心感があります。

車を停めて、今日も10人以上の行列が出来ているラーメン二郎を横目に見ながらお店に向かい
ました。

loisir013.jpg


20時ちょっと過ぎに伺ったのですが、イートインのお客様は誰もいませんでした。
営業終了が早いからなのか、パン屋さんという認識が強いのか、ちょっと意外・・・。

店内は2人用、4人用合わせて20席ちょいといったところ。こちらも下の記事のGiovane
同様照明をかなり落としてありますので、なかなか撮影は思うようにいきませんでした。

loisir005.jpg
   ↑
これも大分補正してあります。

さてちょっとクールな可愛らしい店員さんに頼んだ今日の夜ご飯は、私がマッシュポテトに
ミートソースとチーズをのせてオーブンで焼いたもの(料理名失念)とバゲット。友人は
羊肉とクスクスのほにゃらら(名前覚えられません
これにアイスコーヒーとホットコーヒーをお願いしました。

まずは飲み物登場・・・。

loisir007.jpg

コーヒーは苦味メインのものになります。普通のカフェで飲むものより濃いほうだと思います。

そして友人のお肉が登場。
(ここからは、ホワイトバランスをいじって撮影していますので、色合いは原色に近いものと
なっております)

   
   loisir008.jpg

   loisir010.jpg

結構立派なお肉でした。このお肉に下の写真のスープのようなものをかけて頂きます。
まずまずのお味、とのことでした。

そして2人で頼んだバゲット登場。

   loisir011.jpg

パン屋さんだけに、大きさ・量ともになかなかでした。中は意外ともっちりした食感でした。

そして私が頼んだものが登場。

loisir012.jpg

実はコレ、どんなものが出てくるのか全く分からずに頼んだのです(普段はちゃんと聞くの
ですが、今回はたまたま聞かなかったんです。)
最初からオーブンものと分かっていたら別の物を頼んだかもしれません。そのくらい
友人が頼んだものと私が頼んだものの供された時間に開きがありました。
でも出てきたものはアッツアツで美味しかったので、満足できましたよ

外は雨が降っていて、足早に帰っていく会社員の方がいらっしゃる中で、パン屋さんスペース
には、ちょこちょこ買って帰るお客様がいらっしゃってました。やっぱり美味しいって評判は
本当のようです

そして私も帰りがけに1個だけ買って帰りました。

それが↓です
loisir004.jpg

タルトアルザスというパンです。ソーセージに惹かれて買ったんですが、ちょっとビックリな
味わい。ソーセージの下に敷いてあるのは、キャベツの酢漬け?のようなもの。食べる前に
ちょっと温めたのですが、酢の匂いが発ちすぎてしまい、鼻がツーンとしました(笑)
とはいえソーセージが2本ものってますし、パンもしっかりした味わいですので、腹持ちは
かなり良かったです。

その他にも閉店間際まで、いろんな種類のパンが並んでおりました。
友達の家から近いので、遊びに行った帰りに今度は色々違うパンを買って試してみたいと
思います。

ごちそうさまでした

23:12  |  世田谷その他  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Osteria Pino Giovane

2009.08.03 (Mon)

こんにちは。

今回ご紹介するお店はカフェではありません。
週末等はなかなか予約の取りにくい、美味しいイタリアンが食べられるお店です。

では、どうぞ。

Osteria Pino Giovane
東京都豊島区南池袋2-36-8(地図
03-6326-2263
11:30~14:15(ランチLO13:30)
18:00~22:30(LO21:30)
定休日:日曜・祝日、その他不定休
BGM:たしかかかってなかったかと・・・。
Parking:たしか大通りにありました(地図

先日(といっても大分前ですが)バンコクから帰任した前職の上司と食事をしてきました。
池袋在住なので、その近辺でお店探し。池袋で最も行きたかったこちらのお店にしました。
予約の電話を入れた時、運良く1席だけ空いててラッキーでした。予約必須!、それくらい
人気のお店なのです。

待ち合わせの時間に20分以上も遅刻してきた元上司、お店に電話を入れて向かいました。
結局入ったのは予約よりも30分遅れ・・・

私は池袋の駅から歩きましたが、最寄りの駅は有楽町線の東池袋の駅になります。
飲み屋がぽつりぽつりとありますが、基本的にはひっそりとした雰囲気の場所にあります。

  Osteria Pino Giovane028

お店は1階と2階に別れていて、全部合わせても20席分くらいだったと思います。
私達は2階の2人用の席に案内されました。

  Osteria Pino Giovane027

お店はオーナーシェフとその奥様の2人で切り盛りしています。予約の電話をした時も
そうでしたが奥様の笑顔での接客がとても感じが良くて、素敵でした。

久しぶりの再会で色々話すことも沢山ありましたが、まずはビールで乾杯
(今回の写真は店内がわりと暗かった事もあり、写真に補正を加え、ノイズをごまかす
ためにかなりフワフワした写真になっています、ご了承下さいませ。)

   Osteria Pino Giovane001

そして前菜の盛り合わせ6種からスタートです。

Osteria Pino Giovane003

ホワイトソースのしめじやラタトゥイユ、どれを食べても気取らない美味しさが良いです。
この前菜もう1皿欲しいくらい・・・

  Osteria Pino Giovane012

この辺りでワインに切り替えました。ゴレッティ グレケットです。

    Osteria Pino Giovane006

そして次に運ばれてきたのはフォアグラのソテー ピアーダ添え バルサミコソース 北京ダック
スタイルです。乱暴に言うとフォアグラのソテーをナンのようなもので巻いたもの?
ワタクシ、たぶん過去にもフォアグラを食べたことあると思うんですが、味を全く覚えて
いませんでした。この日改めて食べてみて、ようやく『フォアグラってこういう味なんだ~』
って感想を得ました。そんなふうにすぐ分かるくらい大ぶりの物が入っています。
ソースもとても美味しかったです。そのまま手掴みで食べるので、お行儀を気にしなくて
いいのがイイ

  Osteria Pino Giovane014

そして次が骨付き子羊のグリル、ミント風味です。
骨付きとはいえ、フォークではらはらと取れるくらい柔らかいお肉です。子羊とはいえ羊の
肉って匂いが?、ってずっと思ってた私ですが、そんな匂いは勿論皆無。
元上司に取り分けたくないくらい美味しいお肉です。

  Osteria Pino Giovane016

パスタはボンゴレビアンコにしてみました。ちょっと面白い平うちの麺です。イメージ的には
カッ○ヌー○ルの麺のような(笑) 貝もいっぱい入ってましたし、油が全然しつこくないので
胃にも優しいです。ランチで大盛りで食べたいな~

ここまででひとまず料理は終了。コースではなく、メニューの中から好きなものをチョイスする
スタイルです。

デザートは金柑のコンポートバニラアイス添えとパンナコッタの黒蜜がけです。

  Osteria Pino Giovane018

  Osteria Pino Giovane019

金柑は種まで食べられるくらい柔らかく煮込んだそうです。私が頂いたパンナコッタは
黒蜜がかかってることもあって、かなり濃厚で、苦めのコーヒーとよく合いました。

  Osteria Pino Giovane021

これだけ食べて1人6000円くらいです。ワインを飲まなければもっとお安く楽しめますので
かなりリーズナブルではないでしょうか。
すっかり閉店まで長居させて頂き、帰りはオーナーシェフ、奥様共々玄関先まで見送って
頂きました。

池袋に行く機会がありましたら、是非訪れてみて下さい、オススメですよ

10:34  |  番外編  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ねじまき雲 (ネジマキナツドイ)

2009.08.01 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、以前に訪問したカフェの再訪記事です。
体育会系カフェ部の幹部会とも言うべき、有名カフェブロガーさん達の会合の
末席に加えて頂きました。

幹事のkeiさんに大感謝です。

では、どうぞ。

ねじまき雲
詳細はコチラ

とある平日の夜に嬉しいメール。
カフェ仲間として交流のあるkeiさんから、『ねじまき雲でみんなで集まりましょう』との
お誘いが。
平日ささくれだってた心もすっかり癒える思いです。その会を楽しみに頑張りましたよ仕事。
そしてようやくその集まりが本日催されました

場所は青梅にあります『ねじまき雲』。車で行こうかバイクで行こうか散々迷ったんですけど
雨の事を心配して車で出発、これが大失敗。青梅街道が所々渋滞していて、裏道を使い
つつも、結局20分も遅刻してしまいました。

お店に到着すると、全員揃っているようで、お店の外からもカメラを構えている姿が確認
できます(笑)

お店に入って、今回の参加者にご挨拶。

Ochiさん
つかななさん
く~さん
keiさん(幹事)
ミタナルドさん(女子カフェ部員さん)

そして前回訪問した時は殆ど写真が撮れなかったので、今回は色々撮らせて頂きました。
が、散々撮ったのに、お見せできるような写りのがあまりないので、綺麗な写真の数々は
下記にリンクします、皆さんのブログでお楽しみ下さい。

自分が撮った中でもましなもの・・・(皆さんのとかぶってます、ゴメンナサイ

  ネジマキナツドイ053
   ↑
1番最初に撮った写真です。少しはマトモかな?

  ネジマキナツドイ054
   ↑
置いてある小物のそれぞれが、味があって素敵なのです。

  ネジマキナツドイ055
   ↑
本当はアルファベットにピントが合うハズだったんですけど・・・

これだけカフェが好きな人が集まると情報量がハンパないです。男子部長(Ochiさん)が
いるので、たいていの質問は簡単に返ってきます。
今回初めてお会いしたミタナルドさんもカフェだけでなく、麺とかにもお詳しいようなので
今後のお付き合いが楽しみでもあります(勿論ご主人も)

そして今回の集まりでは、特別にピザをお出し頂きました。腹ペコで行ったので
いつもの食事の倍以上の美味しさが感じれられました。何枚でも食べられそうなくらい
美味しいんですよ。

そして食後にはミタナルドさんのご主人が作った(スゴイな~)スコーンをデザートに・・・。

  ネジマキナツドイ058

ドリンクは裏メニューというウワサのチャイをオーダー。

  ネジマキナツドイ057

もうね、シアワセです。疲れも吹っ飛ぶというもんです。

そして本日1番注目を集めていたのは、コチラ↓
  
  ネジマキナツドイ056

ミケネコというドリンクです。詳細は是非ココに行って試してみて
一口頂きましたが、それぞれの味がしっかりしててオドロキの美味しさです。

今日はねじまき雲のオーナーさんのご好意で、3時間ほど貸しきって頂きました。
おかげで好きな写真も存分に撮ることができましたし、ワイワイ賑やかに楽しむことが
出来ました。オーナーさん、keiさんには本当に感謝しています、有難うございました。

また機会があったら、是非こういう会に参加したいですし、なんか企画していければ
良いなって思います。

参加した皆様、今日は楽しい時間を本当に有難うございました

ネジマキナツドイ059

どっかのをパクった・・・(パクリきれてないけどw)



Ochiさんの記事はコチラ
つかななさんの記事はコチラ
く~さんの記事はコチラ
keiさんの記事はコチラ
23:28  |  日記  |  Trackback(1)  |  Comment(14)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。