スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Shimauma Cafe

2008.11.30 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、駅に併設と言っていいくらい近い場所にあるのに、意外と
店内が広い、寛げるお店。
こちらでは是非試して頂きたいメニューがあります。

では、どうぞ。


Shimauma Cafe
東京都目黒区自由が丘1-9-8(地図
03-5729-2301
11:30~23:00(月曜~木曜、日曜・祝日)
11:30~24:00(金曜・土曜・祝前日)
定休日:不定休
BGM:カフェミュージック
Parking:私達はココに停めました。

ちょっと前の話になりますが、まだ記事にしていなかったので、今回アップします。

とあるお休みの日の夜、友人から連絡。食事でもってお話でしたが、あいにくこちらは
済ませてしまったので、お茶を付き合う事にしました
軽めに切り上げようということで、クローズの時間を考慮に入れて、今回はコチラのお店で
お茶とあいなりました。

場所は自由が丘、駅のすぐそば。これ以上書きようがありません(笑)
Shimauma Cafe009-2
すいません、ブレてて。。。

22時くらいの訪問。店内はお一人様、彼氏・彼女と、女の子グループ、様々です。
私達が座ったのは2人掛けのテーブル席ですが、奥にはソファっぽい席や、カウンター
の席なんかもあったりして、意外と広い造りです。
私個人の印象としては、カフェと喫茶店の境目みたいな気がします。(その境目って
自分でもあやふやなんですが・・・
Shimauma Cafe008-2

Shimauma Cafe007-2

さて、今回注文したのは、友人がカプチーノにチョコレートケーキ(名称はたぶん違います)
私はシマウマカプチーノとチーズケーキです。
まずは友人の・・・。
     Shimauma Cafe001-2

Shimauma Cafe004-2

そして私のです。
Shimauma Cafe006-2

Shimauma Cafe005-2

どうですか、このシマシマ加減 これが見たいがためにオーダーしたようなもの
です(笑) もちろんクリーミーで味もとても良かったのですが、目でこれだけ楽しめる
カプチーノは、そう沢山はないと思います

念願のカプチーノを堪能して、満足なカフェ時間となりました。ただ雑誌や書籍で見る
ような、シマウマのぬいぐるみが見当たらなかったんですけど、あれはどこにいたのかなぁ。
まだいるなら、次回はその横に座ってカプチーノを楽しんでみたいと思います。



スポンサーサイト
17:35  |  自由が丘  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

cafe diner rhythm

2008.11.29 (Sat)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、ショップコンセプトがちょっと笑える、でも嬉しいカフェ。
昼に夜にマルチに使える隠れ家元気カフェです。

では、どうぞ。


cafe diner rhythm
京都府京都市中京区御幸町通四条上ル大日町416-5 デコⅢ 2F(地図
075-212-4404
12:00~24:00LO(平日)
12:00~25:00LO(金曜・土曜・祝前日)
定休日:不定休
http://www.socket-design.net/
BGM:サイケ寄りの元気な曲
Parking:近くに沢山あります。

今回の旅行で最後を飾るカフェはこちらリズムです。
場所はフランソアから迷いながら歩いて約10分。京都の街は碁盤の目になっているので
慣れれば分かりやすいのでしょうけど、慣れていないので、本当にそこで曲がっていい
のか不安になります。

そう思いながらも、路地を1本入って、左側に気をつけつつ歩いていると、発見しました。
   rhythm008-2

ちょっと奥まった所に複合スペース的な建物が2つ。その左側にある建物の2階が
リズムになります。

お店に入ると、まず靴を脱ぎます。これで地べたに座れれば申し分ないのですが(笑)、
2人用の椅子の席に案内されました。店内スペースは座席にして約30席くらい。
ソファ席が何個かあって、4人くらいで訪れれば、かなり気持ちの良いひと時が過ごせ
そうです。今回は外国の方が使っていて、かなり盛り上がってました。
rhythm001-2

元気な音楽と同じくらい元気な店員さん、フランクな応対です。笑顔で受け答えして
くれるのは、やっぱり嬉しいです。
そして今回注文したのは、ロールケーキとホットティー。
rhythm002-2

   rhythm003-2

ケーキはクリームたっぷりです。でも甘さが抑えられているので、飽きる事無く食べる
事ができました。柚子が入ってるのかな? 爽やかな香りがしました。
紅茶もとても良い香り。コーヒーも大好きですが、やっぱり最後に辿り着くのはお茶系
なのかなぁ、と、しみじみ・・・

そして1番気に入ったのが、こちらのお店のモットー。確かトイレに貼ってあったのですが、
そこには、

コンセプトは回転率の悪い店。

と(笑)

う~ん素敵です。お言葉に甘えて集合時間までゆっくりさせて頂きました。
ご飯メニューやおつまみなども豊富なので、機会があったら、是非食事も試してみたい
と思いました。

ご馳走様でした

PS:これで京都のカフェ関連は終了となります。長々と有難うございました。



12:24  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

フランソア喫茶室

2008.11.28 (Fri)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、昭和の初期から続く清く正しい喫茶の名店。
店員さんの立ち居振る舞いも当時のまま。

では、どうぞ。


フランソア喫茶室
京都市下京区西木屋四条下ル船頭町184(地図
075-351-4042
10:00~23:00
定休日:12月31日と1月1日
http://www.francois1934.com/shop/index.html
BGM:クラッシック
Parking:近くにコインPがいっぱいあります。

小森を後にしてこの時だいたい15時。友人が驚愕の一言。
『ちょっと持ってきた仕事を片付けたいから、3時間くらい自由行動で!』

なんとまぁ仕事熱心な。とはいえ翌日に大事なプレゼンがあるとの事で邪魔はできま
せん。土地感がないところで、単独行動は少々心細かったですが、四条大橋のあたり
で別れました。

地図を頼りに最初に向かったのは、こちらフランソアです。もうとても神社仏閣を
見学する元気はなく、しかも帰りの運転が控えているので、体力温存です。
場所は河原町の駅からも歩いて2~3分。ですが、細い道沿いですので、少々不安。
でも、すぐ見つかりました。
フランソア喫茶室001-2

フランソア喫茶室002-2

が、店内は満席。勿論観光客もいらっしゃるようですが、明らかにご近所さんのような
方々もいらっしゃって、楽しそうに談笑しています。
10分くらい待って、2人用の席に案内されました。ステンドグラスに高い天井、ビロード
の椅子など、まさに昭和浪漫な感じです。
   フランソア喫茶室004-2

フランソア喫茶室003-2

今回注文したのは、クッキーのセット。クッキーは2種類あって、プレーンとチョコレー
トタイプのどちらかを選ぶ事ができます。私はプレーンをチョイス。
コーヒーはオーダーをとる時にミルクを入れてしまうかどうか、聞いてきます。イノダと
同じ感覚ですね。今回はブラックでお願いしました。
   フランソア喫茶室006-2

フランソア喫茶室007-2

クラッシックを聴きながら煙草をくゆらし、コーヒーを楽しむ。昔の文化人達もこうして
時を楽しんだんでしょうか。

至福の時間を十分楽しんだ後、お店を後にしました。

こちらでは、コーヒーの味や店内の雰囲気もそうですが、店員さんの制服や接客なども
昔のままで(想像ですが)面白いです。
それと、煙が苦手な人は、是非禁煙席をオススメします。喫煙席の喫煙率はかなり高いと
思います。

フランソア喫茶室009-2


11:41  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ぎをん小森

2008.11.27 (Thu)

こんにちは。

今回午後紹介するお店は、京都では知らない人がいないくらい有名な、お抹茶の
名店です。
応対の仕方も想像どおり、しずしずと・・・。

では、どうぞ。


ぎをん小森
京都市東山区祇園新橋元吉町61(地図
075-561-0504
10:00~21:00
定休日:水曜日
http://www.giwon-komori.com/
BGM:琴の音とか三味線とか
Parking:すいません、私達はこの辺停めましたが、もっと近くにあるかもしれません。

ひととおり三千院を見終わって、旅もかなり終盤。せっかく京都に来たからお抹茶を
飲みたいなぁという事になり、いろいろリストを見るも、いまいち確証が持てません。
それなら間違いのないお店で楽しもうということになり、行ったお店が、こちら小森です。

三条と祇園四条の間にあり、京都らしい風景が楽しめる観光スポットでもあります。
お店の前は↓な感じ。観光客が沢山います。
ぎをん 小森004-2

古くからのお茶やさんを現役で使っているそうです。早速のれんをくぐってお店の中へ。
靴を脱いで、案内されたのは、やや広めの座敷席。以前はふすまで遮っていたんで
しょうけど、今は広く開け放たれています。
ぎをん 小森001-3

残念ながら私達は窓に近い席には座れませんでしたが、運が良いと、綺麗に手入れ
された庭や、川のせせらぎが聞こえるなど、風情を十分楽しみつつ、お茶が頂けます。

早速2人が注文したのは、勿論お抹茶。
ぎをん 小森003-2

ぎをん 小森002-2

まあるい味わいの中に1本通った苦味、そしてほのかに感じられる甘み。美味しいです。
こういうふうにお茶が点てられる人に憧れまね~。
また、付いてきたお菓子はお餅の中に粒餡。上品な甘みでした。

靴を脱いで寛げるのって良いですよね。美味しいお抹茶と甘いもので、疲れが少しづつ
取れていきました。

最後は舞妓さんももよく通るという橋の上から1枚。中心地も紅葉が始まっていました。

   ぎをん 小森005-2


11:02  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

prinz

2008.11.26 (Wed)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、3つの顔を持つカフェ空間と、宿泊する事も出来る複合型カフェ。
いろいろ訪問した京都のカフェの中で最も気に入ったカフェです。

では、どうぞ。


prinz
京都府京都市左京区田中高原町5(地図
075-712-3900
8:00~24:00(月曜から木曜)
8:00~25:00(金曜から日曜)
定休日:不定休
http://www.prinz.jp/
BGM:JAZZとかいろいろ
Parking:6台くらい停められそうです。

京都3日目の朝、さすがにお互い疲れが残っていて、早い時間からの行動が出来ません。
チェックアウトが11時だったので、それまでゆっくりして、早めのお昼ご飯からスタート
しようという事に。

その日の予定は三千院に行く予定でしたので、出来ればその道すがらで良いカフェを・・・。
そしたら元々リストアップされていたけど、場所的に行きづらいと勘違いしていたこちらの
お店が、丁度行く途中。行きたかったカフェの上位だったので、喜んで訪問。

場所は京都市左京区、茶山駅からは近いですが、中心地からはやや外れていますので
電車の移動がメインの方はやや行きづらい場所かもしれませんね。

そしてお店に到着。わりと無機質な外観、ですが店内は私のツボのど真ん中でした。
     prinz024-2.jpg

まずは入り口で店員さんに、ランチ利用をお願いすると、伺った時間がやや早かった為、
まだ準備がしきれてないとの事(11時半からスタートです)。15分くらいの待ち時間でし
たので、待たせて頂くことに。

通されたのは写真集などの洋書が沢山置かれている書斎のような部屋。
prinz002-3.jpg  prinz003-2.jpg

             prinz006-2.jpg

こちらで本を捲ったりして時間をつぶします。向こう側には、また違うテーブルと椅子。
   prinz001-2.jpg

私達が座っていた席はテーブルと椅子の座面が同じ高さだったので、食事をするには
ちょっと食べづらいかなって思っていたのですが、ランチの時間が始まった時、店員さんに
声をかけられて、テーブルの席に移動。それが↓です。
prinz007-2.jpg

ギャラリーも併設されているので、ちょっとした美術館で食事を頂くような気がします。
今回頂いたのはパスタのランチでデザート付き。
まずは前菜の3種盛り。
prinz014-2.jpg

prinz009-2.jpgprinz011-2.jpg

             prinz013-2.jpg

鰹と黒米とピリ辛菜と、ヒラメと人参葉と文旦のサラダ、あとすいません、卵の殻の中に
入ってるのが思い出せません・・・
どれもとても美味。特に平目と文旦のサラダは文旦の爽やかさが効いてるのに、平目の
味はしっかりしていて、すごく美味しかったです。

そしてパスタの前にパン登場。
prinz015-2.jpg

これはパスタ用にとっといて・・・。

パスタ登場、上が私が頼んだ養老豚のラグーのスパゲッティ、下が友人のサルッシッチャと
うまい菜のスパゲッティです。
prinz017-2.jpg

prinz016-2.jpg

頂いたパスタは豚のお肉が結構入っていて食べ応え十分。そして豚肉の甘みも感じられ
ていて、良い塩梅です。上にのっているマスタードが味に変化を与えてくれます。
友人もかなり満足しているようでした。

あっという間に食べ終わってしまい一休み。店員さんもとても気遣いが良く、水の差し替え
など、絶妙のタイミングでしてくれます。見られてる感は全くないのに、的確なサービスは
スゴイなぁと思いました。

そしてこちらのカフェでは、もう1種類の席が用意されています。私達が食事していた
席の後ろ側にある、窓際の席です。
prinz008-2.jpg

外は雨が上がって薄曇り。でもこんな席でお茶飲んだら気持ち良いだろうなぁって思って
たら、ドリンクとデザートの用意をする際に店員さんに、
『宜しければ窓際の席でお召し上がりになりますか?』と、仰って頂きました。
すっごく嬉しかったです。こういう心遣い、今までになかったので、お言葉に甘えて移動
させて頂きました。

そちらでは、友人がコーヒー、私はアールグレイを。
    prinz025.jpg  prinz023.jpg

デザートは友人が季節のハーブのクレームブリュレ、私はずばり柿。初めて聞いた
柿の種類で、名前を控えてこなかったので失念・・・。程よい甘みとトロトロ感が楽しめ
ました。
prinz019-2.jpg

prinz021-2.jpg

帰り際に主に接客をして頂いた店員さんと少々お話しましたが、私達が伺う2日前にも
埼玉から迷いながらもランチを食べに来た人がいたそうです。私も同感、わざわざ訪問
したいお店の1つです。

こちらでは2部屋ながらも宿泊施設も備えております。とてもお洒落な内装で、大切な
人との旅行の時におさえておいても良いですよね。

クールな店内、暖かい接客、美味しいお食事。全て満足できた数少ないカフェです。
ご馳走様でした

prinz005-2.jpg


10:19  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Lugol

2008.11.25 (Tue)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、今回の京都旅行の中では最も普段使いしやすそうな
カフェらしいカフェ。
景色を見るでもなく、まったりとした時を楽しむことの出来るカフェです。

では、どうぞ。


Lugol
京都市中京区新町御池上ル中之町50-1 シェモア御池新町1F(地図
075-213-2888
11:30~23:00
定休日:第3水曜日
http://www.lugol-cafe.com/index.html
BGM:JAZZ
Parking:確か正面にあったような。でもちょっとうる覚えです。付近には沢山ありますので・・・。

南禅寺の拝観を終えてようやくホテルにチェックイン。絶好の場所に車を停めて、
一休み・・・、なのですが、やや時間が早い(この時21時)事もあり、もう1度歩いて
行ける範囲でお茶を飲みに行こうって事になりました。

京都御所の西側に宿をとったので、そこから歩いて行ける範囲にあって、リストアップ
されていたのが、こちらLugolです。それでも15分くらいは歩いたような気がします

お店に到着すると、大通りからちょっと入っているということもあり、ひっそり。
Lugol001-2

そして店内。結構広いのですが、椅子の配置が上手で間隔も広めですので、どの
席に座っても十分寛げると思います。今回は窓側の席にしました。奥にはソファも
あったみたいですね。HPで店内の様子が見られるので、興味のある人は見てみて
下さい。
Lugol008-2

疲れていたということもあるのでしょうけど、椅子の座り心地がとても良かったです。
お客さんものんびりゆったり。騒いだりする人はいません

そして今回注文したのは、両者ともコーヒーと。私が洋梨と紅茶のブリュレ。友人が
ちょっとど忘れしました。見た目黒糖とサツマイモのケーキのようですが・・・。すいません。
   Lugol007-2
   
Lugol006-2

Lugol000001-2

ブリュレは紅茶の香りが華やかでとても美味しかったです。上のカラメルのパリパリ感
が良いですよね。コーヒーも2日目を〆るには丁度良い苦さ。疲れた体に沁み込むよう。

散々食べ飲みした負い目か、疲れが取れて元気が出たのか、友人がもうちょっと歩こう
と言うので、またもや夜の徘徊に出かけたのでした(笑)



14:34  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

順正

2008.11.24 (Mon)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、カフェではありません、ごめんなさい。
京都グルメの代表的なもの、『ゆどうふ』のお店です。

では、どうぞ。


順正
京都府京都市左京区南禅寺門前(地図
075-761-2311
11:00~21:30
定休日:不定休
http://www.to-fu.co.jp/jp/
BGM:三味線とか琴の音
Parking:近場のパーキングしか・・・

OKUでゆっくりとお茶を楽しんだ後、八坂神社や建仁寺をぶらぶら。両方とも行った事も
あり、しかも観光客でごったがえしているので、早々に車を出して今日の目的のもう1つ、
南禅寺の夜の拝観をしに行くことに。ちょうど暗くなりライトアップもばっちりだったのですが
境内に入るまでに待ち時間40分 さすがに寒い中待っているのはツライ
ので、先に食事をしようという事に。

この時のお食事は友人たっての希望で湯豆腐に決定。ですが、もともと行きたかった
お店は17時半で閉店してしまうらしく、泣く泣く断念。ですが今回お伺いした順正さんも
なかなかの立派な庭園を有する有名なお店です。

残念ながら懐石は予約でいっぱいでコースのみとの事。それでもOKでしたので名前を
記入し、約20分ほど待機。その間に併設されているお土産屋さんの中を物色。
退屈しないのは良いですね(何も買わなかったですけど・・・

ちゃんと予約をすれば、庭園を眺められる席などに通されると思うのですが、いきなり
行ったので、座敷席に通されました。これはこれで気取らず、カジュアルで良いかな。
湯どうふ 順正011-2

湯どうふ 順正010-2

皆さん美味しそうに豆腐をつついています。日本酒を飲みながら、なんて最高でしょうね。
さて私達もオーダーです。1番リーズナブルなコースにしてみました。食べてばっかりで
あんまりお腹が空いてないので(笑)

そして次々と料理が運ばれてきます。まずは胡麻豆腐。
湯どうふ 順正001-2

野菜を炊いたもの。
湯どうふ 順正003-2

天ぷら
湯どうふ 順正005-2

田楽
 湯どうふ 順正006-2

そして湯豆腐。土鍋の中は2人前。
湯どうふ 順正007-2
綺麗に灰汁をすくってから撮れば良かったですね、ごめんなさい。

これにご飯とお漬物が付きます。
普段だったら何の問題もなく食べきってしまうのでしょうが、この時は苦しかったです。
お味はまずまずといったところでしょうか。矢継ぎ早に料理が出てくるので、ある程度
スタンバってるんでしょう。湯豆腐用のつけ汁が美味しかったな。

てきぱきと動く店員さんのおかげもあってか、回転率は高いような気がします。
外でも待ってる方がいらっしゃるので人気の高さが伺えますね。

これから深々と冷え込んできます。お寺参りの後に体を温めにほかほかの豆腐に
舌鼓をうってみてはいかがでしょうか?



10:59  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

OKU gallery & cafe

2008.11.23 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、和カフェの新しい形を創造するお店。
私のイメージですが、なんとなくそんな感じがしました。
それと、器が美しいので、そちらも楽しめるお店です。

では、どうぞ。


OKU gallery & cafe
京都府京都市東山区祇園町南側570-119(地図
075-531-4776
11:00~19:00
定休日:木曜日
http://www.oku-style.com
BGM:ヒーリング系
Parking:私達はこちらに停めました。

おばんざいでお腹いっぱいになったものの、ゆっくりお茶を飲んだわけではないので
お茶を飲みに行こうという事になり、界隈をうろうろ。こちらの方に、気になるお店を
教えて頂いていたので、『いちえ』から近い事もあって、そちらへ。
お店の名前は『火裏蓮花』、場所はこの辺なのですが、お店の場所が探しあてられなくて、
1時間くらい付近をウロウロ。辿り着けそうになかったので、お店に電話したら、パッと見
分からないくらい細い道を入っていった所にありました。
火裏蓮花001-2

が、残念ながら店内満席で、未遂に終わりました。
その他にも近辺には沢山カフェがあって、入ってみたいお店もありましたが、友人が
いまいちな表情でしたので、それらはまたの機会に。

そして車を少しだけ走らせて、祇園の花見小路通りのすぐそばにある、OKUに
行って来ました。予定では3日目あたりに訪問するはずだったのですが、少々
前倒しです。

場所は花見小路通りと平行にはしる細い小道沿いにあります。外観を変にいじる事無く
作られた店先。そして木材の隙間からは和食器がディスプレイされています。
IMG_1901-2.jpg

店内は1階と2階の構成。2階は確認できませんでしたが、友人曰く12~16席くらい
のスペースとのこと。1階は、6人用の長テーブルと、4人用席が1つ、2人用の席が
計4つくらいだったと思います。

壁は白、テーブルは1枚板をそのまま、椅子はワインレッド。照明の使い方、庭の
見せ方、どれをとっても隙のない感じです。
IMG_1913-2.jpg

さてこちらのお店では、プリンに力を入れているようですので、私はプリンとコーヒーの
セット。友人はぜんざいのセット(日本茶で)にしました。

上の画像にはお客様は写っていませんが、お伺いした時は満席でした。ということも
あり、少々待ってからようやく友人のぜんざいが到着。続いて私のも来ました。
IMG_1904-2.jpg

    IMG_1906-2.jpg

   IMG_1905-2.jpg

        IMG_1908-2.jpg

お盆とかを含むと↓のような感じ。
IMG_1909-2.jpg
食べかけでごめんなさい。

やや硬めに作られたプリンは濃厚で上品な味わい。そしてカラメルのソースが特に
気に入りました。表現が難しいのですが、花のような香りがします。そのまま飲んで
しまってもいいくらいです。甘さが控えめなのも好み。
そしてコーヒー。どっしり重たい苦味優先タイプ。今回の旅の中で最も濃いお味だった
かもしれません。甘いものとの相性もバッチリです。

そして器がとても素敵です。ちょっと特徴的な急須の形とか、あえて丸みを排した
湯のみとか、かと思えば柔らかい曲線のコーヒー茶碗とか・・・。こういう器にも拘って
いるようで、ちょっと高いですが販売もしております。

店員さんの接客もとても良かったです。八坂神社や祇園の散歩などに疲れたら
立ち寄ってみて下さい。満足度は高いと思いますよ



00:07  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

松富や壽 いちえ

2008.11.22 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお店はカフェではありません。
京都の旅行で訪問した手軽におばんざいが楽しめるお店です。

では、どうぞ。


松富や壽 いちえ
京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町87(地図
075-255-7899
11:30~15:00(お昼の部)
17:30~22:00(夜の部)
定休日:火曜日
http://www.ichie.ne.jp/index.html
BGM:ごめんなさい、記憶に残りませんでした。
Parking:この辺に停めました(地図

醍醐寺をゆっくり見学して、すっかりお昼時。残念ながらこの近辺で上手い具合に
カフェやおばんざいのお店をヒットさせる事ができず、三条の方まで戻ることに。

あいかわらずおばんざいに関しては、良い情報が得られなかったので、ガイドブックを
参考に、こちらのお店でお昼ご飯を頂いてきました

場所は烏丸御池の駅からのんびり歩いて10分くらい。先日もちょっと書きましたが、
京都中心部のカフェ激戦区でもあります。
ちょっと思ったのは、この地区は観光客も多いし、その人達用のお土産屋さんや喫茶店
が沢山あることから、雰囲気は違いますが原宿に似ている様な気がしました。

さて車を停めてお店へ。長屋を利用しているようです。
いちえ004-2

店内は↓な感じ。
いちえ003-2

畳のお部屋ではありますが、あえて絨毯をひいて、テーブルと椅子の席にしつらえて
います。好みとしては畳の上に座りたいのですが、そうすると手入れの手間が増えて
大変ですもんね

店内の席数は結構あります。案内された所だけでも14席、同じような部屋が更に1つ。
そして奥の方にも離れっぱい部屋がありまして、そこは何人入れるかがわかりません。
長屋の特徴ですね、奥が深いです。

さて、お昼のお食事ですが、バイキング形式となっています。常時20種類くらいの
おかずがずらりと並べられています。無知な私は、野菜料理ばかりなのかと思ったら
お肉やお魚もちゃんとあるんですね

とりあえず撮影用に少しでも綺麗に盛り付けてみました。
いちえ001-2

いちえ002-2

上のおかずの他にもきんぴら牛蒡とか、青梗菜の煮浸しとか、生野菜とか、いっぱい
種類があって迷ってしまいます。
時間が経つと冷めてしまうのが、バイキングの難点ですが、コチラのお店では回転が
早いので、温かいおかずは温かいまま頂く事ができました。

夜はコース料理1本のみですが、次回試してみたいです。ご飯とかお味噌汁とか
おかわりできるそうですw 京都の地酒が揃っているのもポイント高いです(笑)
食材も細部にわたって拘っているそうですので、安心して頂く事ができます。

数えきれないくらい飲食店がある京都の中心地で、明朗会計のお店。
お味も美味しかったので、オススメです



18:29  |  番外編  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イノダコーヒー(本店)

2008.11.21 (Fri)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、観光客も、地元の人も朝のスタートはこちらから。
70年近い歴史を誇る老舗のコーヒー屋さんです。

では、どうぞ。


イノダコーヒー(本店)
京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140(地図
075-221-0507
7:00~20:00
定休日:なし?
http://www.inoda-coffee.co.jp/index.html
BGM:クラッシック
Parking:お店の近くにあります(地図

『京都の朝はイノダから』
その件のとおり、旅行2日目の朝はイノダコーヒー本店からスタートする事にしました。

場所は烏丸御池の駅から歩いて約10分のところ。京都の中でも特にカフェ激戦区に
あって、長い間その屋号を守り続けている歴史のあるお店です。
気持ちの良い朝、お客様も続々と入店されています。
イノダコーヒー011-2

イノダコーヒー013-2

停まっている自転車はレンタサイクルでしょうか? ここまで有名なお店で、観光客も
沢山訪れるのですから、駐輪場があってもいいのにな、ってちょっと思ったり・・・

そんな事はさておいて、店内へ。禁煙の席をお願いしたら、2階席に案内されました。
階段の途中で、それぞれ朝食を楽しんだり、その日の旅行の行動を話したりする人達を
1枚。
イノダコーヒー001-2

そして結構見晴らしの良い席に座らせて頂きました。階下がすぐ下に見えるのと共に、
テラスと庭も眺められてラッキー。
イノダコーヒー003-2

そして席の数は圧巻の200席以上。これくらいのキャパがないとさばききれない
んでしょうね。1組のお客様が帰ると、別のお客様が今空いた席に座る、みたいな
回転率です。

さて私達の今回の朝食は、ロールパンセットです。勿論飲み物はコーヒー こちらの
名称で、友人が『アラビアの真珠』、私が『コロンビアのエメラルド』です。
まずは、統一されたナプキンやおしぼり・・・
イノダコーヒー007-2

そしてまずはパンがやってきました。
イノダコーヒー005-2

・・・?
パンにはさまっているのは『えびふりゃ~』です(笑) 天むすは食べたことありますが、
こちらは初めてでした。コロッケパンがあるくらいですから、勿論相性はバッチリです。
そして左手前にちょっぴり写ってますが、ポテトサラダなんかもディッシャー1杯分添え
られています。

そしてコーヒー。左が『アラビアの真珠』、右が『コロンビアのエメラルド』です。
   イノダコーヒー008-2   イノダコーヒー009-2

友人の方は元々砂糖とミルクが入ってます。私の方はミルクだけ予め・・・。でも
オーダーをする時に聞いてくれますので、ブラック派の人でも大丈夫。でもこのミルク
砂糖入りがイノダ流ですので、ブラックに固執しない方でしたら、是非イノダ流を試して
みて下さい。

ちなみに私の方はいわゆるアメリカンコーヒーですので、ライトな味わいです。砂糖を
1コ、そしてもう1つと入れてみましたが、私の場合は1コで十分な感じでした。

今の時期はイルミネーションもやっているそうですので、京都での朝だけでなく、夜も
綺麗な景色が楽しめそうです。
勿論物販もやっておりますので、コーヒー好きの友人へのお土産に良いかもしれませ
んね。
これからも変わらずに歴史を重ねていきそうな、そんなお店です。

イノダコーヒー012-2


17:43  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Ace cafe

2008.11.20 (Thu)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、高い所から京都市内を一望、そして鴨川もばっちり
眺められる、展望台カフェ。
夜は特にアッパーな感じのお店でもあります。

では、どうぞ。


Ace cafe
京都府京都市中京区木屋町通三条上ル エンパイヤビル10F(地図
075-241-0009
12:00~27:00
定休日:なし?
http://www.ace-cafe.com/
BGM:サイケ
Parking:近くに沢山コインPがあります。

京都旅行1日目の最後を飾るのはコチラAce cafeです。elfishからは歩いて約10分
くらいでしょうか。駅ですと三条駅や京都市役所前駅が最寄りになります。
繁華街のど真ん中にあるカフェですが、ビルの最上階ということもあり、喧騒からは
離れられると思ったのですが・・・(笑)

エレベータを降りて店内へ。元気な店員さんが出迎えてくれます。なかなかに
フランクな感じ。好印象です。
そして2人席に案内されました。席はどれくらいあるでしょうか・・・。60席くらいある
のかな。店内ほぼ満席でとても見渡せる感じではありませんでした。
とても賑やかで静かに会話を楽しむ感じではなかったですが、これはこれで違う
楽しみ方もありますよね。仲間内でワイワイお酒を飲んだら楽しそうです。
デジカメも殆ど使えずでしたので、ロゴの入った灰皿をどうぞ(笑)
IMG_1804-2.jpg

一面がガラスでおおわれているので、昼間はとても明るくて気持ち良さそうです。
夜は全く別の顔。全体に照明を落として、各々の席のテーブル部分だけ、照明が照らされて
いる感じです。

ひととおり食事を済ませたので、今回はお酒です(甘いもの食べ過ぎたのでw)
   IMG_1810-2.jpg

IMG_1806-2.jpg

私は白ワイン、友人はチンザノのロッソ。店員さんの気配りがとても良くて、ちょっと
あたりを見渡しただけで、店員さんが気付いて近づいてきます。
お味の方は、ボトルを開けたわけではないので、そこそこな感じ。

IMG_1811-2.jpg

そしておつまみを追加しつつ、飲み進めます・・・
もう暗くて、しかも酔っ払ってるので、とても画像をアップできるレベルではありません

遊び疲れていたせいか、ワイン2杯ですっかり酔っ払い、お店を後にしたのでした。
こちら、ランチはパンが食べ放題だったり、使い勝手が良さそうです。
食事メニューが豊富なので、機会があったら再訪したいお店の1つです。

IMG_1812-2.jpg


18:25  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

efish

2008.11.19 (Wed)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、目の前を鴨川が流れる見晴らしの良いカフェ。
カフェとしての完成度もかなり高い、満足できるお店です。

では、どうぞ。


efish
京都市下京区木屋町五条下ル西橋詰町798-1(地図
075-361-3069
11:00~22:00
定休日:無休
http://www.shinproducts.com/
BGM:カフェミュージック
Parking:近い所ですと、ここら辺に確かありました

1日目の京都はまだ終わりません。MOMI CAFEで夕暮れまでの時間を過ごし、
次に向かったのは貴船神社です。ちょうど夜のライトアップが始まっていて、幻想的な
風景と、色付き始めた紅葉が楽しめます。
そこで食事でもよかったのですが、金額がよめないので、ホテルにチェックインする事に。

そして京都の『おばんざい』が楽しめるお店を検索したのですが、ちょっと多過ぎて
絞込みができないので、それはまたの機会にしてカフェで食事です
ホテルは東山の駅のすぐそば、そこから歩いて行ける範囲で白羽の矢が立ったのが
こちらelfishです。場所は五条大橋のたもと、目の前を鴨川が流れる絶景のロケーション
にあります。1日散々歩き回った私達にはホテルから20分の道のりはちょっと遠かった
ですけど・・・

さてお店の入り口は↓な感じ。私の好みな感じです。
elfish012-2

elfish013-2
テラスの席もあったりして・・・。

店内は大きく『コ』の字状になっています。鴨川を眺められる窓際の席が特等席でしょうが、
1段上がった席からも外は眺められますし、椅子もソファになっていて、どちらも捨て難い
感じです。私達は窓際に座りました。
店内は広々していて、座席数も20席程度。ゆったりしていて良いです。
elfish007-2

elfish011-2

   elfish002-2

昼間だったら、かなり気持ちの良い眺めが楽しめると思いますが、夜ですので、ちょっとした
夜景です。でもこれはこれで綺麗ですよね。
elfish009-2
実はガラス越しに店内が写り込んじゃって、撮るの大変でした

さて歩き疲れて、お腹も減って、食事です。メニューは広く浅く。どちらかといえばアルコール
や、がっつり食事というよりは、お茶とケーキでほっこり、といったメニュー構成ですので、
パスタやオムライスを想定していってしまうと、アテが外れてしまうので注意です。
かくいう私達もそこまで調べていかなかったので、両者ともオクラと豆のカレーライスを
オーダーする事になりました。それに友人はカフェラテを、私はホットコーヒーを付けて
頂きました。

まずはコーヒーで体を温めます。
   elfish005-2

   elfish004-2

わりと飲みやすいタイプのコーヒー。この日だけで結構コーヒー飲んだのですが、その中
でも1番好みかもしれません。ちょっと苦いんですけど、後味はスッキリな感じ。

そしてカレーです。
elfish006-2

このカレーが意外と手ごわかったです。量がそんなにないのかと思いきや、深さのあるお皿
で、しかも豆が沢山はいっているので、満腹感は十分得られると思います。
辛さはやさしいので、辛いのが苦手な人でも大丈夫。おくらも結構いっぱい入ってますよ

私達が行ったのが21時をまわっていて、営業時間が22時までですので、食事を
十分楽しんでまったり、というわけではなかったですが、それでも鴨川を眺めつつ
のんびりできました。このお店の上の階にも同系列のバーがあって、そこは遅くまで
やっているので、ゆっくり飲みたい人にはそちらもオススメです。
あえて京都観光をせずに、こういうカフェでのんびり過ごすというのも、ありかもしれま
せんね。

ご馳走様でした

elfish001-2

12:30  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

MOMI CAFE

2008.11.18 (Tue)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、嵯峨野のゆったりとした時間の流れの中にひっそりと
佇む、そんなカフェ。
観光地っぽくないお店の造りが素敵です。

では、どうぞ。


MOMI CAFE
京都市右京区嵯峨二尊院門前北中院町15(地図
075-882-6982
10:00~18:00
定休日:火曜・水曜
http://www.cafe-momi.com/top.html
BGM:ボサノバ
Parking:3台分停められます

今宮神社でお参りを済ませたあと、眺めの素晴らしい庭園に行こうという友人の提案で
大徳寺の高桐院という所に行ってきました。こちらはJR東海で『そうだ京都に行こう』の
コピーでテレビCMされた事もある有名な場所でもあります。そしてちょっと移動して
二尊院へ。こちらも立派なお寺、そしてちょっと登ると京都市内の素敵な眺め。

そしてカフェです(笑)
二尊院から歩いて3~4分の所にあるコチラMOMI CAFEで一服となりました。
場所は京福線の嵐山駅から歩いて15分くらいかな。やや駅から離れていますが、
いろんな寺社を楽しみながら、歩いていれば、おのずと着いてしまいます。
お店は、周りにあるような喫茶店と違って、道路際に看板を出すでもなく、ひっそりと
そこにあります。
CAFE MOMI001-2

唯一正面にある、垂れ幕のような(あれ、なんて言うのかな?)店名がカフェである事を
証明してくれます。
   CAFE MOMI002-2

早速店内へ。
   CAFE MOMI003-2

   CAFE MOMI005-2

CAFE MOMI010-2

こじんまりした店内には、1つのテーブルに椅子が3脚という構成の席が3つと、8人が
座れる相席可能と思われる長テーブルが1つになっております。
コンクリ打ちっぱなしの床、白い壁とテーブル、暖かみのあるベージュの木材を品よく
使ったカフェらしいカフェであり、とても清潔感があります。

お店は女性1人で切り盛りしていますので、このくらいのスペースが丁度良い
んでしょうね。暖かく迎えて頂きました。そして注文したのは、両者ともホットコーヒーと
友人はわらび餅、私はガトーショコラです。
   CAFE MOMI006-2

CAFE MOMI008-2

CAFE MOMI009-2

わらび餅、プルプルでとても美味しかったです(1コ頂きました)。黒蜜とコーヒーって
意外に合うんですね
そしてガトーショコラは生地がかなりしっかりしているタイプ。ですが、甘みはそうでも
ないです。そして以前にJAMU LOUNGEで食べた豆乳のガトーショコラのような
風味がありました。
コーヒーは結構苦味のあるタイプ。淹れてる音を聞いていると、たぶんプレスで淹れて
頂いたんじゃないでしょうか?

のんびりコーヒーを楽しんでいると、観光客の人々が道路際からお店の中を遠巻きに
見ていきます。やはり看板が出てない分、入りずらいのかもしれませんね(笑)
お隣さんも喫茶店のようですので、そちらに流れていくようでした。
その分私達はゆっくりできて、満足なコーヒータイムが過ごせました。

嵯峨野の、知っているとちょっと便利なカフェ。
こちらの方に行った時に、寄ってみてはいかがでしょうか? 限定で精進ご飯ランチ
なんかもありますよ



11:13  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

一文字屋

2008.11.17 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、たぶん日本で最も長く続いている甘味屋さん(たぶんです!)
両者でしのぎを削っているのもまた面白いです。

では、どうぞ。


一文字屋
京都府京都市北区紫野今宮町69 今宮神社東門前北側(地図
075-492-6852
10:00~17:00頃?
定休日:水曜日
BGM:おばちゃんの呼び込みの声
Parking:5台分くらいあります(地図

茂庵を出て、次に伺ったのは、甘いものの店。いえ、それだけではなくて、今宮神社に
参拝する予定も兼ねてです

場所は京都市北区、ちょっと不便な所にあります。最寄りの駅は北大路。今宮神社の
表参道ではありませんが、別の参道からアクセスすると、こちらのお店があります。

この一文字屋さんは『あぶり餅』のお店です。メニューはこのあぶり餅1つだけ。
なかなかに潔いですね。この一文字屋さんから参道を挟んで正面にも『かざりや』さん
という名称で同じあぶり餅屋さんがあって、この2店はしのぎを削っているわけです。
今回は一文字屋さんを利用です。

創業1000年。今宮神社が出来たのが994年ですから、6年後に店を構え、
以来ずっと続いている老舗中の老舗です。

勿論建て替えをしているでしょうが、お店の前の雰囲気です。
一文字屋007-2

今は使われていないと思いますが、2階なんかもあるようです。
一文字屋008-2

店先で頂くことも出来ますが、私達は靴を脱いで、畳の席へ。
一文字屋002-2

さて、こちらで頂けるのは『あぶり餅』というお餅ただ1種類だけです。この1種類だけで
1000年以上お店を営んでいます。すごい事ですよね!

このあぶり餅は、竹串の先端に親指の半分くらいの大きさのお餅が刺さっていて、これが
15本で1人前です。白味噌の餡みたいのがかかっていて、甘じょっぱい感じです。
一文字屋004-2

一文字屋006-2
お茶は飲み放題(たぶんw)

15本って多いように感じられますが、お餅の大きさがそんなでもないので、あっという間に
食べきれちゃいます。注文をとる時に、『1人前でいいの?』って聞かれるくらいですから。

正面にも全く同じのあぶり餅を出しているお店があって、両店で盛んに呼び込みを行って
います。そんな光景をぼんやり眺めながら、参拝前のひと時を過ごしたのでした。



00:40  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

茂庵

2008.11.16 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、山中にひっそりとあるシックな茶苑。
夕方からの眺めが、かなり期待できるお店です。

では、どうぞ。


茂庵
京都市左京区吉田神楽岡町8 吉田山山頂(地図
075-761-2100
11:30~18:00
定休日:月曜日
http://www.mo-an.com/cafe.html
BGM:すいません、記憶に残らず
Parking:3台分のスペースが麓にあります(地図

11月の14~16日の日程で、京都に旅行に行って参りました。
目的は2つ。『神社仏閣巡りと紅葉狩り』、そして『カフェメグリ』です。
お寺関係は友人のチョイスで、そしてカフェ&グルメは私が担当して、いろいろ周って
きました。2泊3日の旅程で10軒のカフェを訪問。京都の記事ばかりになってしまい
ますが、少々お付き合い下さいませ。

1番最初に訪れたのはこちら茂庵です。銀閣寺に行った後に初日のランチをこちらで
頂こうと思い、数少ない駐車場に車を停めて、ちょっとした山登りのスタートです。
途中眺めの良い景色に立ち止まったり・・・。
   茂庵023-2

落ち葉の中を上がって行きます。。。
   茂庵001-2

そうすると、茂庵の敷地へと続くかわいらしい表札が・・・。
そして所々にある家屋。茶室か何かでしょうか?
茂庵003-2  茂庵004-2

茂庵006-2  茂庵007-2

そしてちょっぴり疲れてきたと感じ始めた時、一際大きな建物が正面に現れます。
茂庵008-2

とてもシブイです、超好み。多少隙間風が入ってこようが、こういう家に手入れを施しながら
住んでみたいです。

そしてお店の入り口。
茂庵010-2

これだけ見ると峠の茶屋みたいですが、実際の大きさには圧巻です。

さて、店内のスペースは2階部分のみ。入り口で靴を脱いで階段を上がり、喫茶スペースへ。
店内広々。4人席が5コくらいと、窓に向かって一列のカウンター席が10人分くらいで
しょうか?
茂庵011-2

茂庵012-2

18時までの営業ですので、これからは日が落ちるのも早いので、夜景が楽しめるかも
しれませんね。

   茂庵013-2

小物類も洒落ています。

さてお店の雰囲気を存分に味わったあはお食事です。ランチのメニュー自体は2種類しか
ありません。友人は月替わりのランチで『鶏もも肉の治部煮』、これに春菊のごま和え 
きのこのおすまし、豆入り五穀ごはんが添えられます。私は定番ランチメニューで、
ピタパンサンド、スープ、豆のマリネ添え。ピタパンは、ハンバーグ(白味噌ソース)と
トマト&モツァレラチーズをチョイス。2人とも食後にコーヒーを追加で。

そしてやってきました。
茂庵014-2

ピタパンはアップでもどうぞ
茂庵015-2  茂庵016-2

そして友達の治部煮。
茂庵017-2

と、ごはんなど。
   茂庵018-2

ピタパン、もっちりしていてなかなか ただせっかくだからトマトとモッツァレラ
じゃなくてきんぴらごぼうとかにすればよかったかな?(笑) 
スープはマッシュルームのスープです。とろりとしていて、かなり濃厚でした。マリネの
お味もまずまず。彩りが綺麗です。

友人のも鶏肉が結構入ってて、しかも大きいので食べ応えがありそうでした。でもご飯
とかの量はやはり男性には少なめなのかなって思うので、がっつり食事を楽しみたい
人は、デザートの追加をオススメします。

そして食後のコーヒー。
   茂庵019-2

マドラーはこの敷地内に落ちていた小枝に綺麗に加工したものだそうです。こういう使い
方を楽しめるのは京都の人ならでは、って感じがします(イメージですw)
お味の方は飲みやすい苦味も酸味もバランスのよいタイプ。寝不足だったので、あまり
濃いものよりはコチラの味の方が有り難かったです。

これから行くお寺とかの話を十分楽しんで、お店を出ました。そしたら待ち客が1組。
今回は平日に伺いましたが、土日はきっと混むと思います。待つ人用の椅子が8脚
くらい用意されていました。開店と同時に行ってもいいくらい、素敵なカフェです。

京都旅行でのスタートの1軒、なかなか順調な滑り出しです

茂庵024-2


23:16  |  京都  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

D&DEPARTMENT(大阪)

2008.11.15 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、ゆったりソファに高い天井と広い空間。
寛げる要素が詰まったカッコイイカフェ。
カリモク好きにはたまりませんね。

では、どうぞ。


D&DEPARTMENT(大阪)
大阪府大阪市西区南堀江2-9-14 3F(地図
06-4391-2090
11:30~24:00
定休日:水曜日
https://www.d-department.jp/
BGM:JAZZ
Parking:お隣にタワーパーキングがあります(地図

伽藍堂を出て、いよいよ大阪のお客様の所へ。ただ、これだけ寄り道しても時間が
余ってしまいます。
ということで、カフェですよ。大阪は行きたい所は沢山あるのですが、全く土地感が
ないので、梅田などの中心地ではなく、ちょっと離れた所で検索。そしたらなんと
場所的にもピッタリで、大阪に来たら必ず行っておきたかった、コチラのお店がヒット。
車を走らせたのでした。

場所は大阪市西区、最寄りの駅ですとJRの桜川駅が最も最寄りになりますが、
高級ブランドが並ぶ通りにある心斎橋駅からも歩いて10分もかからない所に
あります。ガヤガヤしてないところが、またイイです。

お店は1階2階が家具などを売っているスペース、3階がカフェになっています。
世田谷の奥沢にも同じお店がありますが、こちらは1階がカフェスペースですよね。
夜の画像になってしまいますが、外観はこんな感じ。(こちらでランチを食べ、お客様に
会い、その後出かけて、車を取りに戻った時に撮影しています)   
   DDEPARTMENT(大阪)008-2

お店に入ると、広々店内、そしてとても明るいです。ゆったりとスペースを広めに
とったソファは全てがカリモク製。贅沢な造りです。
DDEPARTMENT(大阪)002-2

そして各テーブルに置かれた照明、夕方から夜にかけて、はお洒落な感じがアップ
しそうな感じです。
   DDEPARTMENT(大阪)003-2

滋賀県内でのカフェでは食事を摂っていなかったので、コチラではランチを。
トマトソースのパスタ(本当はもっとちゃんとした名前です)のセット。
こちらは、サラダとドリンクが付いてきます。

まずサラダ。
DDEPARTMENT(大阪)004-2

ゴマのドレッシングです。やや甘め。写真では分かりませんが、細かく切ったタコが
乗っかっています。

そしてパスタ。
DDEPARTMENT(大阪)006-2

いつもの私なら『少なめだな』って思うんでしょうけど、甘いものを食べてきているので
丁度よかったです(笑)
程よく効いたガーリックと、豚の細切れが食感に変化を与えてくれます。またチーズも
別に添えてもらえるので、好きに微調整ができます。

そしてコーヒー。
DDEPARTMENT(大阪)007-2

ライトな味わい。食後にはこのくらいの方が良いのかな。そしてコーヒーはおかわりが
可能です カフェでコーヒーのおかわりが出来るの、初めてです。ランチ時
だけかもしれませんが、嬉しいサービスですよね。

結局お客様にはなかなか会えず、こちらに3時間くらい滞在しました。でもコーヒーの
サービスはにこやかにしてくれるし、場所の説明もとても丁寧に教えて下さって、とても
気持ちの良い接客をして頂きました。

家具屋さんの方も素晴らしい接客なんでしょうね。カリモクを買うなら是非こちらの
お店で買ってみたいと思ったのでした。

DDEPARTMENT(大阪)010-2


23:44  |  大阪  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

伽藍堂

2008.11.14 (Fri)

こんばんは。

今回ご紹介すお店は、拘りの日本茶と、和の甘味。
日本人に生まれて良かった・・・、と再認識できるお店です。

では、どうぞ。


伽藍堂
滋賀県大津市松原町9-29(地図
077-537-7443
10:00~19:00
定休日:水曜日+不定休
http://www.s1480.jp/contents/special/tradition01.html
BGM:ディズニーの曲のようなものがかかっていました。
Parking:コインPはこちら

cafe smileを出て次に向かった先はこちら、日本茶と甘味のお店『伽藍堂』さんです。
本当は、そのまま訪問先に向かう予定でしたが、時間と場所を変えてくれと言われ、
なんと大阪に・・・ 時間が大分空いたので、こちらのお店で軽く何か食べようと、
訪問してきました。

場所はJRの石山駅から5分くらい。おっきなスーパー平和堂のすぐそばにあります。
が、お店自体は1本入っていて、初めてですと分かり難いかもしれません。
細い路地にそのお店はあります。
伽藍堂001-2

周りの建物はつい最近建てられたような近代的な建物ばかりなのですが、こちらの
路地だけ、長屋っぽい昔ながらの建物が続いています。

早速暖簾をくぐって店内へ。
店内はこじんまりとしており、席数は総数でも20席くらい。やや暗めな感じなのも
昔の日本家屋ならでは、といった感じです。
伽藍堂006-2

   伽藍堂003-2
写真ではそうでもないですけど、見た目よりもちょっぴり暗めです。

店内は喫茶のスペース以外に和小物の販売もしています。私は拝見しませんでしたが、
お客様は頼んだものが来る間に色々見たり買ったりしています。『可愛い!』を連発して
いる奥様もいましたので、きっと良い物なんでしょう(笑)

さて私が今回頂いたのは、焼き餡子餅と、日本茶のセット。
伽藍堂005-2

餡子が大好きなので、とても美味しく頂きました。つぶあんも程よくつぶれていますので
口の中に残るという事もありません。
そしてやはりお茶。こちらのお店では八女のお茶。ほんのりした甘みが感じやすい
とても美味しいお茶です。急須とポットを用意してくれますので、二煎目、三煎目と
味わいの移り変わりを楽しめます。

そしてこちらのお店で出される、お水の替わりに出てくる『ほうじ茶』、こちらもとても美味しい
んです。今まで飲んでいたほうじ茶とは全く違った香りが発っています。こちらも
訪問の際には是非楽しんでみて下さい。

こういうお茶の美味しいお店を抑えておくと、コーヒーが苦手な人や年配の方の休憩などに
重宝しますよね。老若男女に喜ばれる石山の貴重なお店。これからもずっとそこにあり続け
ることでしょう。

伽藍堂002-2


23:57  |  滋賀  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

cafe smile

2008.11.13 (Thu)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、湖を一望できる絶景カフェ。
店内の造りもさることながら、やはり天気の良い日に楽しみたい、オススメのカフェです。

では、どうぞ。


cafe smile
滋賀県大津市和邇北浜515(地図
077-594-2663
10:00~日没まで
定休日:火曜日
http://www.cafe-smile.com/cafe/index2.html
BGM:ボサノバ
Parking:30台くらい停められそうです。

都内や関東近郊の記事がたまっているのですが、これから関東以西は紅葉のシーズンに
入りますので、13日に訪問したコチラのカフェと、その翌日からの京都旅行の記事を先に
記事上げしたいと思います。参考になれば幸いです。

さてこの日、以前お世話になったお客様の本社が滋賀県の守口市にありまして、
そちらに訪問する前に時間調整の為(ホントか?w)、こちらのお店で朝のコーヒーを
頂いてきました。

場所は滋賀県の琵琶湖以西、琵琶湖大橋から車で20分くらいでしょうか。電車ですと
JRの蓬莱駅からのんびり歩いて15分くらいでしょうか。正直車での訪問がオススメ
です(笑)

この日はとにかく天気が良くて、景色を期待せずにはいられません。
携帯からアクセスの方には恐縮ですが、画像をメインでどうぞ。

IMG_1544-2.jpg
駐車場の所にある、錨のオブジェ。

IMG_1556-2.jpg
入り口はコチラ。

   cafe smile001-2
ワクワクしますね。

さて店内、想像していたよりも、遥かに広かったです。こじんまりしたカフェなのかと思って
いたのですが、東京でしたら、中・大バコクラスと言っていいかもしれません。
IMG_1548-2.jpg
様々な種類の椅子とテーブル。そして適度に置かれた植物と、茶色と白を基調とした
色使い。もろツボです。そしてどっしりとしたソファなんかもあります。

IMG_1549-2.jpg

そしてこちらに来たら、やはり窓際の湖を一望できる席に座って頂きたいです。
ため息が出ます。
IMG_1550-2.jpg

撮影の許しを伺ったら、『外に出るならどうぞ。』と、バルコニーの鍵を開けて頂きました。
お言葉に甘えさせて頂いたので、そこからの景色をどうぞ。
IMG_1546-2.jpg

IMG_1547-2.jpg

雲1つないとは、まさにこのこと。風もなく、とても穏やか。1週間くらい冬のような気温が
続いたせいか、大分紅葉が進んでおりました。もちろん、種類にもよりますが・・・。

さて、景色を満喫した後は、朝食です。シフォンケーキとコーヒー。
IMG_1551-2.jpg

   IMG_1553-2.jpg

コーヒーは最初苦味優先なのですが、口の中に残る味は酸味メイン。あまり濃くないです。
普段そんなにコーヒーを飲まない人でも大丈夫そうです。
シフォンケーキのお味はオーソドックスながら、面白かったのは、ブルーベリーとラズベリー
の両方とも凍っていて、シャリシャリした食感だったこと。これだと、口の中がさっぱり
していいですね。クリームはコチラのお店では、ややユルめのようです。強いて好みを
言うと、もうちょっとしっかりホイップしてあった方がいいのですけど、これはこれでアリかな。

今回私は開店間もない時間に伺ったので、1番最初のお客になり景色を独り占め
でも後から来た女の子達もみんな感嘆の声を上げていました。窓からは色づいた木々も
見られましたしこれ以上の眺めはない感じ。
   IMG_1554-2.jpg

営業時間が日没までですので、夕方からの空のコントラストも楽しめそうですね。
近くにあったら絶対通ってしまいそうな、そのくらい好みのカフェでした。

IMG_1557-2.jpg


23:43  |  滋賀  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

TARLUM (駒沢店)

2008.11.12 (Wed)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、大事な人とコースのお料理を食べてみたい、そんな
雰囲気を持ったカフェ(レストラン)です。
今までで最も綺麗なお水用のグラスもポイント高かったです

では、どうぞ。


TARLUM (駒沢店)
東京都世田谷区駒沢4-14-13 2F・3F(地図
03-3487-4491
11:00~23:00(月曜~金曜)
9:00~23:00(土日・祝日)
定休日:水曜日
http://www.tarlum.com/
BGM:USロックのスロウなバージョン
Parking4台分だけあります、貴重!

平日の夜、いつも突然連絡してきて食事のお誘いをしてくる友人。そしてお店のチョイス
は私。そのおかげで順調にカフェに訪問できるので、本当に有り難いことです(笑)

今回は、プレオープン中だったのか?、それともよく分からないままその日は閉店したと
勘違いしたのか、といった感じで訪問が叶わなかったこちらTARLUMに行って来ました。

場所は駒沢の駅から歩いて10分くらいかな。目の前駒沢公園の入り口です。
この通りはちょっと行くと、あのバワリーがあるなど、ちょっとした外食激戦区でもあります。

お店の構えは1階がスイーツの販売。2~3階が食事を楽しめるお店となっています。
TARLUM011-2.jpg

シックな造りはかなり好みです。カフェの方も統一感があるのでしょうか?
期待しながら入っていくと、思ったとおり、ダークブラウンを基調とした店内は落ち着いて
いて、どこか豪華な感じ。
  TARLUM003-2.jpg

店内、想像したよりもコンパクト。たぶんキッチンスペースがせり出している分、席の数を
とれなかったんでしょうね。20~26人くらいのキャパシティでしょうか。

さて注文・・・と思ってたら、友人が外に電話をかけにいってしまいました。
待ってる間に食べるものを選んでると、お水を運んでくれました。そのグラスが
綺麗でちょっとビックリ。

   TARLUM002-2.jpg

傷も着いてないですし、水垢なんか当然ないしで、よく手入れされているのが分かります。
こういう真面目な仕事をするお店は、食べ物や接客も勿論安心できますよね。

さて、今回オーダーしたのは私が穴子丼、友人がカルボナーラです。そしてコーヒーを
食後に出して頂きました。

TARLUM004-2.jpg

TARLUM006-2.jpg

TARLUM008-2.jpg

平凡な構図ですが、久しぶりに美味しそうに撮れたと思うんですけど、どうでしょう(笑)
お味の方は、やはり安心してたとおり、美味しかったです。穴子は関東のように醤油を
使って色が着いたものではなく、薄口醤油と何かの出しを上手に使って、白い身を綺麗に
見せるように作られています(たぶん・・・)
一緒に付いてきたスープは上品なお味。塩気はあまり感じられず、こちらも出汁の風味
を楽しむようです。
カルボナーラもスゴク美味しそうでしたけど、感想は聞けず

そして〆のコーヒー。
   TARLUM010-2.jpg

ちょっとしょっぱいクッキーが付いてきました。こういうの嬉しいですよね(ゲンキン?)
コーヒーの味としては繊細な印象を受けました。やや濃いめの好きな味わい。
飲み干すのが勿体無い(笑)

お会計の時に、いろいろと話をさせて頂いた人が、実はこの会社の統括マネージャーで、
お名刺まで頂戴してしまいました。すごく恐縮・・・ 富ヶ谷のお店は、閉店まではお考えに
ならなかったようですが、軌道にのせるまで相当苦労をされたそうです。
今後は駒沢のお店を安泰にさせる事が使命であると、息巻いておりました。
このマネージャーさんなら大丈夫でしょう、なんて生意気な事言ってみたり

やや強気の価格設定ですので、時間とお金に少々余裕があればコースの料理を
チョイスした方がお得感があって良いかもしれません。またお昼時は当然ランチもありま
すので、そちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

私も次回はランチタイムを狙って行きたいと思います。

ご馳走様でした



21:18  |  三軒茶屋・駒沢  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

喫茶生活

2008.11.11 (Tue)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、純粋にコーヒーとJAZZを楽しむためのカフェ。
オーナーのJAZZ好きには脱帽です。

では、どうぞ。


喫茶生活
東京都杉並区高円寺南1-6-12(地図)
11:00~24:00
定休日:火曜日
BGM:JAZZ
Parking:すみません、調べ忘れてしまいました。

実は私、先週の金曜日で今まで働いていた職場を辞める事になりました。
その金曜日、挨拶を済ませてしんみりと退社。そのまま帰るって気持ちでも
なかったので、コーヒーの香りを求めて、こちらのお店へ。

場所は東高円寺の駅から2~3分でしょうか、商店街の端っこに位置しています。
白い木製の壁はいい具合に年期が感じられます。
喫茶生活007-2

お店に入る前からほのかにコーヒー豆の香りがたっています。これは期待しない
ワケにはいきませんね。
お店に入ると・・・
喫茶生活002-2

   喫茶生活003-2

JAZZ一色です。マイルス・デイビスやアート・ブレイキーなどなど、数え切れない位の
アーティストのポスターやレコードのジャケットが飾られています。
席は合計しても10席程度。どの席に座ってもJAZZとコーヒーの香りを十分に
感じる事が出来ます。私が座った席にはいろんな種類の豆が積んでありました。
喫茶生活001-2

メニューにはコーヒーとお茶系しかありません。食べ物は自分で持ち込むしかありません。
ま、このお店は純粋にコーヒーやお茶を楽しむお店ですからね。
今回私はマンデリンを頼んでみました。

   喫茶生活006-2

美しいカップに器に淹れられた漆黒の液体は、美味しいの一言。独特の風味と苦味、
そして微かに甘みが感じられました。オーナーが真剣にコーヒーに向かっている姿が
十二分に感じられます。

ゆっくりとコーヒーを味わいながら、JAZZに聴き入り充実の時間を過ごす。最高の
贅沢ですね。

折り目正しくコーヒーとJAZZを楽しむ、そんな使い方が似合いそうなこちらのお店です。
勿論使い方はその人次第ですけど それと持ち帰りなんかも出来ますので、
職場でも楽しむ事ができますよ。

帰り際、オーナーさんとJAZZについて少々お話させて頂きました。詳しくない私に
合わせて親切に教えて下さいました。

『また来ます』

そう言い残して、エンジンに火を入れたのでした。



23:09  |  高円寺・中野  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

PLUG_IN_CAFE

2008.11.10 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、席間の広いゆとりの空間の中でコーヒーと音楽。
と、感じたのですが、実は職能を意識したコラボレーションという、大きなテーマを
持ったお店です。

では、どうぞ。


PLUG_IN_CAFE
東京都渋谷区西原3-2-4 フロンティア代々木上原3F(地図
03-3465-7667
11:30~22:00
定休日:なし
http://www.plugin-cafe.com/
BGM:ボサノバ
Parking:ココかな

とある平日の仕事明け、時間が早かったので、またもや代々木上原まで来てしまい
ました
食事は後で摂る事に決めていたので、今回重視したのは空間と音楽。で、白羽の矢が
たったのがこちらPLUG_IN_CAFEです。場所は代々木上原の駅を降りて、代々木八幡
方面へ。のんびり歩いても2~3分で着いちゃいます。1階から3階まで飲食店が入って
いるビルの3階になります。ちなみに1階は和カフェの木花、地下1階は西麻布にも店舗
を持つラーメン屋五行、2階は焼肉屋のKOGENです。
余談ですが、西麻布の五行はいつも混んでいて、入れない事もあるので、今度
行ってみようかなぁ
PLUG_IN_CAFE001-2.jpg

さて、お店へはエレベーターで。3階に着くいて、左を向くと店内です。今週の音楽は
ボサノバみたいですね。週代わりでジャンルを変えてるみたいです。
PLUG_IN_CAFE011-2.jpg PLUG_IN_CAFE010-2.jpg

店内に入ると、そこがお店のちょうど真ん中くらい。そこから窓際側が禁煙で、奥側が
喫煙席なのかもしれません。どちらの席にも大き目のソファが置いてあって、競争率
高そうです。今回は窓際のソファが空いていたので、座らせて頂きました。

そしてぐるっと店内の眺めをを一回り・・・。
PLUG_IN_CAFE004-2.jpg

PLUG_IN_CAFE003-2.jpg

   PLUG_IN_CAFE009-2.jpg

縦長の店内ですので、座席スペースがそんなにとれず、結果として広々な空間と
なっています。私達お客としては嬉しいですが、お店としては痛し痒しかもしれませんね
小さいながらもテラスもあって、春先なら気持ち良いかもしれません。夏場は蚊との
戦いでしょうけど(笑)

そして上の画像にもありますが、こちらのお店ではワインの種類も豊富のようで、空き瓶
を上手くオブジェとして使っています。ショップコンセプトが『ART、EAT、BEAT and You』
なので、アートとして使ってるのかな。
PLUG_IN_CAFE005-2.jpg

さて今回オーダーしたのはカフェラテと、ガトーショコラです。
   PLUG_IN_CAFE006-3.jpg

PLUG_IN_CAFE007.jpg

ガトーショコラ、甘さ控えめで好みでした。JAMU LOUNGEみたいに豆腐かなんかを使った
の?ってくらいの味わいと食感でした。そして付けあわせで出てきた葡萄のワイン煮、
またはワイン漬けかな、コレがとっても美味しくて、感激でした。

結構長居させて頂いたんですが、平日ということもあって、店内は終始まったり。
金曜とかは混雑しそうな気がします。立地も良いですし・・・。
店員さんも優しい感じの方だったので、次回は誰かと一緒に来て食事をしてみたいと
思います。

PLUG_IN_CAFE002-2.jpg


23:40  |  渋谷・代官山  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Designer's Cafe C's

2008.11.09 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、オーナーの想いがこれほど詰まったお店はないっ!
ってくらいのカラーを感じられるお店です。
好きな人は足しげく通ってしまうでしょうね。

では。どうぞ。


Designer's Cafe C's
東京都渋谷区上原2-47-18(地図
03-3466-9230
10:30~22:00
定休日:なし
BGM:K-Pop
Parking:向かい側になりますけど、こちら

すっかり代々木上原にハマってしまった最近、いろいろなサイトやブロガーさんの
情報を頼りに、今回はこちらのお店で夜ご飯を頂いてきました。

場所は代々木上原の駅から徒歩5分。井の頭通り沿いにあります。なんといっても
目印はソフトクリームの電飾です
Designers Cafe CS012-2

さてお店に入ってみると、意外とコンパクトな造り。2人用の席が4つと、窓際の
4人用でしょうか、ソファ席が1つです。パソコンが置いてある席が1つあったのですが、
荷物が置いてあったりと、こちらのオーナー用でしょうか?
Designers Cafe CS001-2

Designers Cafe CS003-2

Designers Cafe CS005-2

そして上の真ん中の写真、ソフトクリームを作る機械が置いてあります
ネタ的には自分で作ってるところを写真撮った方が面白いんでしょうけど・・・
ごめんなさいやってないです

とりあえずお食事の証拠写真だけでもどうぞ
今回はメニューの中にカレーなんかもありましたが、私が頼んだのは麻婆丼です。
ピリ辛にしてある、みたいな事が書かれてあったので・・・
そしてやってきたのがコチラ。
Designers Cafe CS008-2

スープが付いてきますよ。
Designers Cafe CS009-2

お味の方は、麻婆豆腐、確かに辛いです。でも美味しい辛さ。特有の痺れる感じが
多少あります。ご家庭や普通のレストランで食べるよりは胡椒の効きが強いです。
あと当然ですが、とろみがありますので、火傷注意です。私は猫舌なので、辛さ
よりも、そちらで食べるのに苦労しました

そしてコーヒー
Designers Cafe CS007-2

すっきりと馴染み深い味わいですね。苦味も酸味も程ほど
コーヒーで辛さを中和させて、この日はお暇したのでした。

ご馳走様でした

PS:オーナーさん、かなりの韓国好きのようです。DVDを集めたり、いろいろ。そして
   店内の音楽、韓国のアーティストのプロモDVDをスクリーンに映して、それがBGM
   代わりになっています。2曲の楽曲を延々とリピート・・・(笑) たまたまでしょうけど
   とはいえ完全に摺り込まれてしまいました 出来れば他の曲も聴きたかったかな

Designers Cafe CS013-2


23:42  |  渋谷・代官山  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

1988 CAFE SHOZO

2008.11.08 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、カフェ好きの方なら聖地的存在のお店。
わざわざ足を運ぶだけはある満足度の高いお店です。

では、どうぞ。


1988 CAFE SHOZO
栃木県那須塩原市高砂町6-6(地図
0287-63-9833
13:00~21:00
定休日:第1金曜日
http://www.shozo.co.jp/
BGM:JAZZ
Parking:併設の駐車場があります、近隣にもありますので、聞いてみて下さい。

福島での仕事を終えて、せっかくだから、その土地近辺のカフェに行こうと思い、
『A Silktree cafe』をナビにセットして向かったのですが、現地まで行ってカフェが
開いてなかったらせつないので、予め電話してみました。そしたら、全く出る
気配がない・・・ 確認して良かったです。1時間以上移動する予定
だったので、傷が浅くて済みました。

ということで東京に戻りがてら、同行者にワガママを行って、行っておきたかった
ナンバーワンのお店、CAFE SHOZOに行ってきました

場所は那須、最寄り駅は黒磯。何故このような場所に、と思ってしまいますが、
その場所に赴いてみると、あぁ、ここじゃなきゃだめなんだなって気がしてきます。

お店の近隣はSHOZOの空気で包まれています。夜に伺ったので余計にそう
思ったのかもしれません。昼の訪問も良いですが、灯りのついた付近一帯は
その雰囲気が増します。
1988 CAFE SHOZO008-2

お店の扉を開けて、そのまま2階へ。いろんな本で見たとおりの素敵な風景が
広がっていました。
総席数は30席くらいでしょうか。詳しく数える事はできませんでした。どの席も
お客様同士の視界からずれるように作られているような感じで、周りが気にならない
工夫がされている気がしました。
1988 CAFE SHOZO005-2

1988 CAFE SHOZO006-2

店員さんの押し付けではない笑顔の対応、言葉遣い、距離感、どれをとっても
文句なしの接客です。そして皆さん清潔なのも加えておきます。

さて今回頂いたのは友人のがカフェオレ(←すいませんうる覚えです)とスコーンの
セット。私は森のブレンドG2と松の実のタルトです。
   1988 CAFE SHOZO003-2

1988 CAFE SHOZO002-2

1988 CAFE SHOZO004-2

1988 CAFE SHOZO007-2

コーヒーが最高に美味しかったです。私の好みど真ん中です。
タルトも松の実の歯触りがとても良く、しかも甘過ぎないお味でしたので、いくらでも
食べられそうでした。
それと友人のスコーンをちょっとだけ頂いたのですが、ちょっともっちりした感じの
スコーンといった味わい。恵比寿の『歩粉』のようなザクザク系とは別路線ですね

お客様も次から次へとやってきて、常にお店の中は満席に近い状態。皆さん心得て
いるようで、騒ぐ人は1人もいません。みんなこの空気を楽しんでいました。そして
皆さんお洒落。なのに私達は・・・(笑)

とにかく何時間でもいられる、いたい、そんなお店です。カフェという形態ですが、
日本の伝統、『侘び寂び』が感じられるとても深いカフェ。ここの空気感とコーヒーを
楽しみにわざわざ黒磯まで足を運ぶのも納得出来る、素晴らしいお店でした。

PS:今回特別に店内を2枚だけ撮らせて頂きました。食べ物はOKだそうですが、
   店内風景は基本NGのようです。また食べ物も、携帯での撮影はNGだと
   思われます。



23:53  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

新店情報その3

2008.11.07 (Fri)

先日お伝えしたCAFE MAROに新しい動きがあったので、ご連絡です。

今回も夜だったので、内装の進捗までは分かりませんが、少しはお店の

イメージがつきそうな感じです。

では、どうぞ。



















`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブホッ













   IMG_1451.jpg




秋田犬 柴犬ですと???

なんかカフェがオープンするみたい、なんて事言って、実はちょっと違うんじゃないかって
気がしてきました~(´・ω・`)

とはいえ、お店の方にはオープンまで、オープン後も全力で頑張って欲しいと思います。

また新たな動きがあったらご報告致します(*´д`*)
23:35  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大助

2008.11.06 (Thu)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、カフェではありません、ごめんなさい。
仕事の都合で福島に行った際に立ち寄った、牛タンのお店です。

では、どうぞ。


大助
福島県白河市老久保49-13(地図)
0248-23-4427
11時くらい~21時くらいまで(週末はランチ後一旦閉店)
定休日;不定休?
BGM:なし
Parking:10台分くらいのスペースがあります。

3連休の初日、仕事の都合で朝早くから福島方面へ。渋滞は覚悟していましたが、
想像していた以上に混んでいました。都内を抜けて東北道にのっても、快調に走れ
たのはわずか。この日は高速のあちこちで故障する車や事故ってる車が多発して
全く高速道の意味をなしませんでした・・・

やっと福島について高速を降りたのは白河。こちらでまずは腹ごしらえです。
インターから20分くらい走って着いたのは牛タンのお店。仙台に太助という
有名な牛タン屋があるのですが、それの暖簾分けのお店がこちら大助です。
大助008-2

同行者曰く、味は間違いない、むしろ仙台の本店よりも美味いというので
期待度大です。

ラッキーな事に、お昼のピークタイムをうまく外れたので、店内のお客様はまばら。
小上がりの席について、牛タンの定食を頂きます。とろろも付けて。。。
お茶を飲みながらしばし待つと・・・。
大助003-2

大助002-2

   大助004-2

しっかり火をとおした牛タン、しかしウェルダンとは思えない程柔らかいお肉です。
厚みも東京とかで食べるよりも遥かに肉厚です。漬物も自家製のようで、ピリ辛で
箸休めにぴったり。テールスープはお肉もいっぱいあって、出汁がしっかり出てて
美味しかったです。ご飯は麦飯で、一膳がかなり多く、小食の女性ですと
食べきれなそうです これを大盛りにすると『まんが日本昔話』に
出てくるようなご飯の盛りになるそうです

更にお肉の追加と共に、『牛タンのつくね』なるものをオーダーしてみました。
大助006-2

これまたすごく美味しいです。そのまま食べても美味しいタンを、更に一手間かけて
食べるんですから、美味しくないワケがないですよね

この後仕事なんてなければいいのに、と思いながら慌しく食事を済ませ、お店を
あとにしたのでした。

仙台まで行かなくとも、美味しい牛タンが食べられます。関東県内にお住まいの方、
お近くに行った際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

大助001-2


23:57  |  番外編  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新店情報その後

2008.11.05 (Wed)

こんばんは。

ちょっと遅くなってしまったので、ご紹介するカフェはあるんですけど、それは
後日という事で・・・

今日は以前お知らせしたCAFE MAROで新しい動きがあったので、お知らせ
致します。

新しく看板が設置されました~。
IMG_1419.jpg

・・・・・

東京わんわん!?

全く新しいお犬様専用のカフェなのかな?

飼い主のみOKみたいな(笑)

ともあれ、どう出来上がっていくか、とても楽しみです
23:59  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

holy

2008.11.04 (Tue)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、代官山でもちょっとひっそりとした場所にある
隠れ家のようなお洒落なカフェ。
場所柄いろんなお客様で賑わっています。

では、どうぞ。


holy
東京都渋谷区恵比寿西2-19-8’(地図
03-5456-3363
11:00~26:00
定休日:水曜日
BGM:ボサノバをはじめとした、カフェミュージック
Parking:近くに沢山あります(地図

とある週末、仕事も終わってカフェクラブ活動です。
前から行こうと思いつつ、私にしては若干クローズの時間が早い、桜新町にある
Raw Cafeへ、せっかく駐車場に車を停めたのに、残念ながら満席
気をとりなおして、次に向ったのは弦巻茶屋。ここ、店の前まで車で行ってはいけ
ませんね
ものすごく後悔しました(笑) 大通り沿いに車を停めなおして、店内へ。ただここでも
残念ながら食事のLOが終了したと・・・

タイミングが合わないことってあるんですね。ここでも一端車を出して、しばし検索。
そして選んだのは代官山holyです。ここは代官山攻略の際には、まずは行って
おきたかったお洒落なカフェ。本当はお昼時に訪問したかったのですが、お腹も
空いてましたし・・・。

車を停めてお店へ・・・、の前に、土地柄駐車料金高いですね 私みたいな人は
深夜に行くか、電車がベストのようです

さて、お店、ガラス張りの店構え、やや半地下っぽくなっています。
holy011-2.jpg

さてお店の中へ。すぐに店員さんが声をかけてくれて、2人で来た旨を伝えます。
そうすると、お好きな2人用の席へどうぞと・・・。まぁそうですよね
コンクリ打ちっぱなしの店内、計算されたかのような、ソファや座席の配置、
ここはあの山本宇一氏がプロデュースに関わっています。
holy003-2.jpg

ところで山本宇一氏、過去の思い出が・・・

今回はいらっしゃらなかったです

さてお腹も空いたことですし、早速食事です。
とりあえずコーヒーから頂きました。ちょっと濃いめのコーヒーは好みの味わい。
   holy004-2.jpg

そして右下に映ってるのがお砂糖なんですが、そこにはTABLE MODERN SERVICEって
書いてあります。関わりがあるのかな?

料理の方は、ちゃんとカレーがありました(笑) 友人は豚肉のペペロンチーノ。
holy008-2.jpg

holy007-2.jpg

カレーのお味はおうちカレーのような親しみやすい味と辛さ。皮ごと入ってるジャガイモが
とても良かったです。量も思ったよりは多くて満足しました。お値段も立地のわりには
まずまずでしたよ

このあとよく調べなかった自分が悪いのですが、DOLCE TOKYOに行ったのですが
クローズ、ZASSI CAFEもクローズという、惨憺たるありさまで、涙目になりながら
帰宅しました。

やたらと駐車場使いまくって、かなり高額なカレーディナーとなりました
次回はもっとしっかり調べたいと思います。

holy010-2.jpg


23:58  |  渋谷・代官山  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Cafe & Dining SLOW 

2008.11.03 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、学生さんも喜ぶボリューム満点のお料理と、ちょっと一杯
にも対応できる、万能カフェ。豊富なメニューは嬉しい限り。
また、内装にも拘っているお店でもあります。

では、どうぞ。


Cafe & Dining SLOW
千葉県野田市山崎2638-35(地図
04-7124-5865
11:30~15:00(平日)
17:00~24:00(平日と土曜、祝日)
定休日:日曜日
http://ameblo.jp/cafedainingslow/
BGM:エアロスミス『HONKIN' ON BOBO』がかかってました。
Parking:2台分あります。店前は夜は

たまに仕事の関係で行く千葉県の野田市。せっかく行くのだからカフェでお茶や食事を
したいですよね。以前にfuracocoはご紹介しましたが、今回のSLOWも気になっていて
ようやく訪問できたので、記事にしたいと思います。

場所は東武野田線の運河駅。東京からですと、つくばエクスプレスで流山おおたかの
もりで野田線に乗り換え、3つめの駅になります。車ですと流山ICを降りてから、ひた
すら流山街道を北上なのですが、ちょっと説明しづらいです・・・すいません

今回は夜にこちら方面に行ったので、営業しておりました。もし週末に伺おうかと
思う方がいらっしゃいましたら、土曜日は日中の営業はやっておりませんので、ご注意
下さい

さてお店に到着、お店の外観は↓な感じ。暗いので参考程度に見て下さい。
SLOW007-2.jpg

これからの時期はちょっとキビシイですが、外の席も使えるみたいですね。
そしてガラス張りですが、店内が完全に見えそうで見えないのがイイです(笑)

そして店内。ミッドセンチュリーで統一された店内。カリモクの3人用のソファもあり
ます。座席はカウンター4席、2人用席が2つ、4人用席が1つ、カリモクの6人用が
1つになります。
SLOW001-2.jpg

SLOW002-2.jpg

ハロウィン前ということもあり、店内の飾りつけはカボチャ一色

さて、真っ先に頼みたかったのはホットコーヒー バイクで途中雨にあってしまい、
体が冷え切っていたので・・・。
   SLOW003-2.jpg

たっぷりサイズのカップでホッと一息。温かくて、美味しくて、染み渡ります。

ようやく落ち着いて、沢山あるメニューの中から選んだのは、やっぱりカレー・・・
なのですが、こちらはドライカレー、しかもドライカレーのオムライスになります。
のんびり本を読みながら待っていると・・・
SLOW004-2.jpg

キュートなオムライスがやってきました(笑)
が、写真では分かりにくいですが、結構なボリュームです。タマゴはたぶん3つくらい
使ってると思います。中のドライカレーは、お母さんが作ったドライカレーって感じです。
辛さは殆どなく、香りが感じられる程度。食べ応えがあって、満足度は高いです。
一緒に付いてきたオニオンスープも美味しかったです。

店内は仕事帰りのサラリーマンや学生さんかな、様々です。近くに理科大がある
ので、若いお客様は多いでしょうね。また余談ではありますが、新興宗教の総本山
もあります・・・


そして店員さんがとても丁寧な接客なのも嬉しいところです。理科大でラグビーやって
ます、みたいな立派な体格のイケメンさんが素晴らしい対応をしてくれます。また、
帰りにはキッチンをやっていた人が、わざわざ外に出て見送って頂きました。

外は寒かったですが、丁寧な接客と美味しい料理を頂いて、心は温かいまま家に
到着する事が出来ました
SLOW006-2.jpg

ご馳走様でした

SLOW008-2.jpg


20:14  |  千葉  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新店情報

2008.11.01 (Sat)

こんばんは。

今回は訪問したカフェの記事ではありません。

毎日通勤で通る環七の野方付近に、新しくカフェがオープンするみたいなので、
とりあえずお知らせ致します。


CAFE MARO
   IMG_1292.jpg

もうちょっと寄ってみると・・・
IMG_1293.jpg

以前恵比寿にあったMAROとは別物だと思いますが・・・。
私が通る時はシャッターが下りてるので、中は分からず。

こちらは、以前はラーメン屋『伍平』というお店のアトガマとして改装しています。
ラーメン激戦区でもあり、お隣は超有名店、野方ホープ軒の本店です。
これで場所が閃いた人は、ラーメン好きな方ですね(笑)

場所はこの辺

早くオープンしないかなぁ・・・



21:12  |  高円寺・中野  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。