05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

CAFE M

2011.01.06 (Thu)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、女子なら好きな人多いだろうな~って瞬時に思える
お手本のような造りのカフェ。
場所のわりには遅くまで営業しているのも魅力のひとつです。

では、どうぞ。

CAFE M
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1135-2(地図
0555-82-2628
12:00~21:00(LO)
定休日:木曜日、第三金曜日、他不定休
http://blog.cafe-m.org/
BGM:すみません、聴きもらしました
Parking:頑張れば5~6台停められそうです

まだ寒くなる前のお話、友達が蕎麦が食べたい、ドライブしたいとのリクエストがあり、
言いだしっぺに全てを任せて、日帰りで旅行をしてきました。

その友達が選んだのは御殿場近辺。そこに1度行ってなかなか美味しかった蕎麦屋があって
風情もある、というのでそちらでお昼ご飯に。
そして次なるお茶と甘いものを求めて、唯一私が動いたのがカフェの検索。そして、ちょっと
気になるこちらのお店に行ってきました。蕎麦屋からはそれなりに離れてたけど・・・(笑)

場所は西湖の湖畔、昔はココでよくキャンプをしていたんですが、今通ってるキャンプ場を
知ってからは、あまり近づかなくなりました。たまにドライブに来るくらいかな。ですので
こんな素敵カフェが出来てるなんて全く知らず・・・。行ってきて良かったです。

そんなこちらのお店、車での訪問になると思うのですが、走行注意です、コーナーの途中に
あります。

CAFE M009

そしてお店の中へ。白を貴重としてナチュラルな感じの店内。窓際に置かれた雑貨や
カウンター向こうにあるものなど、こういった趣のカフェが好みの方、多いのではないでしょうか。

   CAFE M001

   CAFE M005

   CAFE M007

広くて高い天井、こういうのは郊外のカフェならではですよね。写真では分かり難いですが、
時期が良ければテラスで湖を眺めながら美味しい食事が楽しめるそうです。

   CAFE M002

さて、そんな中私達がオーダーしたのは、友人がガトーショコラとアイスコーヒー。私は
この時あまり体調が優れなかったので、コーヒーのみです。

   CAFE M004

友人のケーキ。綺麗に盛り付けられてますね。美味しそう・・・。

   CAFE M006

そして私のコーヒー。ちょっと適当に撮ってしまって反省・・・。
ちなみにコーヒーの味わいは苦味メインですが、こってりって程でもないので、コーヒー苦手な
人でも大丈夫。

ココでしばしのんびりして、いつもの温泉巡りへと向かったのでした。

こちらのお店では、食事の他にも雑貨など、物販なども行っており、トイレに行く途中に棚に
色々と飾られております。興味のある人は是非。

湖を眺めながら食事ってシチュエーションはなかなか無いと思いますので、コチラの方に行った
時は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした

スポンサーサイト
18:04  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

わじあじあ

2010.05.31 (Mon)

こんばんは。

一昨日は所属している女子カフェ部(マネージャーをやっています)の集まりに参加してきました。
そしたら初めてお会いした方に『かずさんのブログ見てます~』って言われてしまい、ホント恐縮。
そんな事言われたら頑張って更新しちゃいいますよ! 単純な私です。

というワケで、今回ご紹介するお店は、今まで訪問したカフェの中である意味最も衝撃的なカフェ。
古民家改装系カフェが可愛く思えてくるお店です。

では、どうぞ。

わじあじあ
山梨県甲府市住吉3-27-24(地図
055-237-2133
13:00~22:00
定休日:木曜日
http://ameblo.jp/wajiajia/
BGM:ヒーリングっぽい音楽がかかってました
Parking:7~8台停められそうです。

山梨ツアー最後のカフェのご紹介です。あまりにも時間かかりすぎですね。
hakariさんを出てこちらのカフェに向かった私達。ご一緒したkeiさんは以前に訪問済みとの
事でしたので、安心して到着できると思いナビを頼りに進んでみましたが・・・、ないっ!到着地点
にお店は存在しませんでした。以前にもそんな事があったので、少々焦りました。ただ今回は
お店の周りの風景を覚えていたkeiさんのおかげで大ヤケドをせずに済みました(笑)

さて、お店に到着です。ていうか、ここお店?? 衝撃を受けました!!

わじあじあ001

あばら家というか、ほったて小屋というか、たぶん狙ってるんでしょうけど、ここまでインパクトの
あるカフェ、私は知りません。
中へ入る扉もほったてっぷりの期待を裏切らない造りです。結構好きかも。

さてお店の中は、1階は雑貨を販売するスペース。オート3輪なんかあったりして、オモシロい
空間です。カウンターっぽいところもあって、そこでお茶も飲めそうな感じでしたが、私達は
2階部分にあるカフェスペースへ。

そのカフェスペースもまた衝撃的です。良い意味で枯れた感じのテイストは、落ち着いた印象と
一本筋のとおった拘りのようなものを感じます。

ちょっと写真多めですが、どうぞ。

   わじあじあ006

   わじあじあ008

   わじあじあ011

ここまでネタに困らない店内ですと、どう撮っていいか分からないので、オーソドックスに
なってしまいましたが、もっと知りたい方は是非とも訪問する事をオススメします。

さて、こちらのお店では、チャイが看板メニューのようです。中でもちょっと面白いのは、
ミルクを使わないチャイがあること。早速Ochiさんが頼んでいましたよ。ネタがあったら拾うのは
男子カフェ部の鉄の掟ですからね(笑)

   わじあじあ012

ポットで提供されたチャイ。期待どおりの味わいのある器たちです。ちょっと味見させて
頂きましたが、スパイシーさは変わらずで、まろやかさを省いた感じ(牛乳なしですから当たり前
ですけどw)

私が頼んだのはカルダモンのチャイ。いつも飲んでるチャイとはまたちょっと違う香りで、ちょっと
華やかな印象。色んな風味が楽しめるのも楽しいものですね。

わじあじあ013

今日最後の1軒という事でのんびり。暗くなればなるほど少ない照明も手伝って雰囲気が
増していきます。

   わじあじあ018

最後に皆さん思い思いのお土産を買ってお店を後にしました。完全に日が落ちてからの
見せ構えも素敵ですよ。もしお時間に余裕がおありでしたら、夕方に行って暗くなるまで
のんびりしてみてはいかがでしょう(迷惑かもですが)。

この日は大分駆け足の遠征でしたが、是非また4人で色々周ってみたいと思います。

有難うございました。

わじあじあ021

20:14  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

農カフェhakari

2010.05.27 (Thu)

こんばんは。

ブログの更新が全く進まなくて、申し訳ございません。それでも毎日のようにチェックしてくれる方、
通り過ぎてくれる方、本当に有難うございます。
ちょっと精神的にシンドイ状態なので、ブログの更新もキツく・・・。とはいえ、せっかく訪問して
下さってる方もいらっしゃるので、今日は頑張ってみます。

というわけで、今回ご紹介するのは真冬に行った山梨ツアーの続き。
やっぱり郊外に出ると一軒家カフェが多いですね、こちらのその1つ。
ヘルシーなランチな頂ける南仏っぽいカフェです(行った事ないのでイメージですw)

では、どうぞ。

農カフェhakari
山梨県笛吹市一宮町金田1223(地図
0553-47-5889
11:30~16:00
定休日:水曜・木曜
http://hakari.o-kita.net/
BGM:かかってなかったような
Parking:併設の駐車場、10台くらい停められます

engawa cafeを出た私達は、今度は東京方面へ。最初高速を使わずにこちらのカフェに
行こうと思ったのですが、とてもそんな余裕はなく、高速使って向かいました。
場所は笛吹市、武田信玄や歴史好きな人にはよく分かる土地、一般的には近くに石和温泉が
ある山梨県の中央やや東寄りの地域です。

こちらのお店は15時がLOですので、ちょっと頑張って現地に到着。間に合って良かったです。
駐車場には7~8台車が停まっていました。私達のような他県から来る人達の車もありました。

    農カフェ hakari002

こちらのカフェは大北農園という果樹園が経営しているカフェですが、あなどるなかれ、かなり
素敵なお店造りをされています。表向きは普通の古民家カフェでありますが、中に入ってみると
意外や意外、南仏っぽいテイストの雰囲気を持った店内です。
他のお客様が引いた時にちょっとだけ撮らせて頂きました。

    農カフェ hakari004

    農カフェ hakari011

農カフェ hakari014

こちらのカフェでは動物性の食品(具体的には肉や卵、バターやチーズなど)は一切使いません。
その他にも白砂糖や化学調味料なども使用しないという徹底ぶり。よく区別が分からないのですが
ベジカフェやビーガンカフェのカテゴリに分類されるのかもしれませんね。

そんなこちらのお店で、頼むものは・・・。暖かい紅茶とパウンドケーキです。

    農カフェ hakari006

    農カフェ hakari008


お味の方は、白砂糖を使ってないだけあって、甘みは控えめ。でもしっかりと甘みは感じる
んですよね~。どんな種類の砂糖を使ってるんでしょう(ハチミツとかもあるけど)
keiさん達が頼んでいた豆腐のチーズケーキ風もお味はライトな感じだったようで、素材が
変わると味わいも変わるんだなぁって実感。ケーキ1つとってみても、作り方や素材を変える
だけで色んな味わいが楽しめるんですね。

のんびりしたいところでしたが、お店のクローズが16時というのと、次なるカフェが控えているので
ちょっとだけ寛いでお店を後にしました。

ヘルシーな食事は、なんとなく体内を洗われたような感じがします。普段の食生活では
なかなか気を使えない部分ですので、私にとってこういうカフェは貴重。行く機会は多くは
ありませんが、次回訪問する事があったら、是非食事を楽しんでみたいと思います。

ごちそうさまでした



00:22  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

engawa cafe

2010.05.09 (Sun)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、メニューにピザなどカフェでは定番のものもあれば
あまりカフェでは見かけないメニューもあったりするオモシロカフェ。
でっかい農家を改装している店内には囲炉裏もあったりして風情たっぷりです。

では、どうぞ。

engawa cafe
山梨県北杜市高根町東井出155(地図
0551-47-6065
11:00~18:00
定休日:月曜・火曜
http://www11.ocn.ne.jp/~engawa/
BGM:すみません、失念
Parking敷地内に8台くらい停められそうです。

くじらぐもを出た一行が次に目指したのは、こちらengawa cafeです。車で30分くらい
移動したでしょうか。最寄りの駅ですと甲斐大泉って駅になるんですが、そこから歩くと
たぶん1時間ちかくかかります。バスとかあるんでしょうか、ちょっとそこまで調べきれ
ませんでした、すみません。

さてお店に到着、いわゆる古民家改装系のカフェですので、とにかく家屋が立派です。
この日は天気も良かったので、庭から見る景色もとても良かったです。

  engawa cafe023

そしてコチラのカフェにもヤギがいましたよ。ずっと座って動かなかったんですが、
愛嬌はたっぷり。ただこの時初めて知ったんですが、ヤギの目って、結構コワイですねw

   engawa cafe022

そして中へ。昔の風情をそのまま使ったような感じで、囲炉裏なんかも残っており、たぶん
そこで火をおこして暖をとってると思われます。
畳の席以外は靴を履いたままでOKです。でも、板間にそのまま上がりこむのは
少々気がひけました・・・。

engawa cafe018

お客様がひいた時に何枚か撮らせて頂きました。とにかく年期の入った味のある
家屋ですので、梁なんかは太くて立派です。都会の家にはこういうのはありませんよね。

engawa cafe013

  engawa cafe015

さて、こちらに来たら是非食べたかったもの、それはラーメンです。予習をしておいた
ので、迷わずそれに決定。おかかごはんも無料で付けてもらえるそうなので、そちらも。
くじらぐもで食事をしたkeiさんはキャラメルラテ、Mocaさんはチャイ。そしてくじらぐもで
ランチを食べたにもかかわらずOchiさんが頼んだのは私と同じメニュー!! Ochiさん
なにげによく食べる人なのかもしれません。

  engawa cafe008

出てきました、ラーメン。こちらのラーメンは塩味で、アクセントにトマトが入ってます。
ラーメンっていうよりは、ヌードルって感じかな。出汁がしっかりしていて香りがとても
良いラーメンです。

engawa cafe009

おかかゴハンと一緒の画像もどうぞ。スープをかけて食べてもまた違った美味しさが
味わえるって、お店の方が仰ってたので、やってみたら、確かにスープの風味が増した
感じがしました。おかか効果かな?

  engawa cafe012

そしてkeiさんのラテ。こんもりフワフワのラテですね。しっかりした泡は飲みきるまで
ずっと残っていました。スプーンですくえるくらいの泡、食べる泡ですね。

幸運にも縁側の席についたので、外の雪景色とヤギを見ながら、かなりのんびり
できました。さりげなく置いてある小物も可愛かったりして、こういうカフェ、女の子は
好きなんじゃないかな。

こちらのカフェ、ラーメンも勿論美味しかったのですが、周りの人が食べているピザも
とても美味しそうでした。しかもメニューを見るととっても安い!
今度はお腹を空かして何種類かピザを頼んで、皆なでシェアすれば楽しそうです。
清里からもそう離れていないので、そちら方面に行く時に、是非また寄ってみたいと
思います。

ごちそうさまでした

  engawa cafe010


01:29  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

ワインカフェ古壷

2009.12.14 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、ワイナリーが経営するワイン好きにはたまらないカフェ。
歴史ある蔵の雰囲気も、是非楽しんで下さい。

では、どうぞ。

ワインカフェ古壷
山梨県甲州市塩山下於曽910(地図
0553-32-2032
11:00~18:00
定休日:木曜日
http://www.kaiwinery.com/
BGM:なし
Parking:5台くらい停められるでしょうか

The CAFE L.D.Kを出て、この日最後のカフェに向かったのが、こちら古壷さんです。
ワイナリーに併設されたこちらのカフェですが、く~さんは以前ワイナリーの方には訪問済みだった
ようで、ちょっとビックリしていました。カフェは未訪との事でしたので問題なし。
できれば皆が未訪のお店が1番ですもんね。

今回は車の中に標準レンズを置き忘れてしまったので、3枚しか写真がありません。
単焦点ですと、私のカメラだと近すぎちゃって・・・。
というわけで、店内の風景はHPをご覧下さい。200年前に作られた蔵を改装した店内は
どことなくヒンヤリとしていて、背筋がのびる感じ。
8人くらい座れる長いテーブルと、4人用の席など。わりとコンパクトな感じです。

さて、なにしろワイナリーですから、試さないわけにはいきませんよね。
メニューには4種類のワインのお試しセットみたいのがあって、く~さん夫妻はそれを
オーダーしておりました。

出てきたワインは↓な感じ。
cafe2003.jpg

写真では分かりづらいかもしれませんが、結構グラスが大きめで、それが4種類もある
もんですから、飲み応えがあったんじゃないでしょうか? 私は運転があるので、飲むことは
出来ませんが、もし飲んだとしたらヘロヘロになってたかもしれません

で、私は何を飲んだかというと・・・

cafe2004.jpg

ぶどうジュースです、あはは。どうしてもぶどうモノが飲みたかったんですね。
そしてワインに合いそうなものを2品ほど。ソーセージ盛りです。この中の1本がチョリソーの
ような辛さで・・・、間違いなくワインに合いそうでした。

そしてもう1品のおつまみは・・・。

cafe2005.jpg

生ハムです。わたくし、今まで生ハムっていうと、向こうが見えそうなくらい薄いものしか
食べた事がなかったんですが、これはもはや肉の塊のような感じ。ちょっとしたブロック肉の
ような感じでした。塩加減もちょうど良く、美味しく頂きました。ぶどうジュースとは
いまいち相性が良くなかったかもしれませんが・・・

時間帯が良かったのか、帰るちょっと前になって1組だけお客様がいらっしゃったくらいで
貸切状態でした。店内では、こちらで作られたワインの直売もやっておりますので、コチラの
カフェで気に入ったワインを買って帰る事も出来ます。

ワイン好きにはたまらないカフェで、歴史の重みを感じつつ好みのワインを見つけてみては
いかがでしょか。

ごちそうさまでした

これで第2回トコトコカフェクラブは終了です。く~さん夫妻にはいつも遊んでもらって
恐縮です。本当に有難うございました。

20:35  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

The CAFE L.D.K

2009.12.13 (Sun)

おはようございます。

今回ご紹介するお店は、自分の家のリビングのように寛げる、という思いをこめたカフェ。
お客様の声にもしっかり耳を傾ける姿勢は好印象です。

では、どうぞ。

The CAFE L.D.K
山梨県甲斐市篠原274-1(地図)
055-268-3337
11:00~22:30
定休日:水曜日
http://www.thecafe-ldk.com/index.html
BGM:ボサノバ
Parking:20台くらい停められそうです

先日の山梨ツアーの続きです。
『くじらぐも』でのんびりとお昼ゴハンを楽しんだ後、く~さん夫妻と一生懸命検索して、ようやく
見つけたのが今回のカフェです。
都内のカフェ巡りとは違ってすぐに到着というわけにはいきません。のんびり車を走らせて
40分くらいといったところでしょうか。
着いた時はお昼のピークタイム終了間際だったようで、結構車が停まっていました。
でも結構大きな建物だったので、すぐに入れるかな・・・と思ったのですが・・・。

IMG_0933.jpg

満席だったのか、名前を書いて少々待ちました。車で走ってる時もファミレスのような飲食店が
あまり見当たらなかったので、気軽に入れる(入れそうな)こういったお店は貴重なのかもしれ
ませんね。
15分くらい待ったでしょうか、ようやくお店の中へ案内して頂きました。こちらのカフェの
HPによると、席数はカウンター含めて37席、プラスソファが1席だけ用意されています。
幸運にも、今回はその貴重なソファに座らせて頂く事ができました。

店内の雰囲気はわりとポップな感じでしょうか。椅子の色がイメージとして、そう感じさせて
いるのかもしれません。全体的にとても明るい空間が広がっていて、自分の家のリビングに
したいです、確かに そしてトマトソースの良い香りが漂ってました。

IMG_0932.jpg
お客様が大分ひいた頃に、1枚だけ・・・。

さてご飯の後は甘いもの。3人別々のものをオーダー。ここら辺はさすがブロガー(笑)
       IMG_0929.jpg

私が頼んだロールケーキ?です。生地が結構カカオが効いていて、中のクリームは
甘さ控えめ。大人な味わいでした。
その向こうはアップルパイ、く~さんがオーダーしたものです。
       IMG_0931.jpg

コーヒーはLAVAZZAのもの。苦味がメインで、わりと濃かったです。好み。初めて
行くお店では、たいてホットコーヒーを頼んでしまうのは相変わらずです・・・。

そしてく~さんご主人がオーダーしたのがラムレーズンのジェラートです。
     IMG_0930.jpg

肝心の被写体がブレちゃいました
ちょっと味見させてもらいましたが、やっぱりラムレーズンは美味しいですね~。アイスクリーム系
では1番好きです。

こちらのお店では、トイレに行く途中の壁面に『お客様の声』というボードに苦情やお願いといった
内容のメモが沢山貼り出されており、オーナーがそれに対して真摯に回答しています。
こういう姿勢が店を長続きさせる1つのポイントになりますよね。

これからも末永くお店を発展させていって欲しいと思います。

ごちそうさまでした

08:25  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

くじらぐも

2009.12.01 (Tue)

こんばんは。

もう12月だというのに、まだ9月に訪問したカフェの記事をアップ致します(笑)
月をおう毎に、ブログの更新回数が減っていく・・・。申し訳ないです

というわけで、今回ご紹介するお店は、ザ・古民家カフェ。
食材は野菜中心のヘルシーなお料理が楽しめるカフェです。

では、どうぞ。

くじらぐも
山梨県北杜市明野町上手3144(地図
0551-25-4053
11:00~18:00
3月~12月は水曜・木曜が定休日
1月~2月は火曜・水曜・木曜が定休日
http://ameblo.jp/yasurinpime/
BGM:すみません、思い出せず
Parking:10台くらい停められそうです

訪問したのは9月の終わりごろ、最近仲良くさせて頂いているく~さん夫妻と計画を
たてて、こちらのカフェに行ってきました。
場所は山梨県。ETC1000円のおかげで遠出がしやすくなりました(渋滞も増えたケド)。
朝早めに出たおかげで、開店時間よりもちょっとだけ早く着きました。ナビがお店の裏口
近辺を到着地点に指定したため、駐車場を探すのにちょっとだけ迷いましたが、その分
刈り取り前の綺麗な田んぼを眺めることができました。

くじらぐも001

さて、車をカフェの正面に停めて、開店まで待ちます。正真正銘の古民家です(笑)
くじらぐも006
                              ↑
                        あっ、誰か写ってるぞ 

建物やその敷地に圧倒されますが、こちらでは看板犬ならぬ、看板山羊がいます。
しかも3匹くらい・・・。もっといたかな? 間近でみると、結構大きいです。

くじらぐも024
                       名前はメアリー(イメージですw)

さて、オープンしそうな時間になったので、入り口へ。テラスの席もあるんですよ。今回は
まだ暑かったので、遠慮して中の席にしましたけど。
くじらぐも009

そして店内へ。手前側に小上がりの席がありましたが、予約のお客様があったので、1番奥の
席へ。席数は20席分くらいでしょうか。味わいのあるテーブルと椅子が並んでいて、女性の
カフェ好きさんなら、きっと気に入るんではないでしょうか。

くじらぐも016

     くじらぐも014

     くじらぐも012

テーブルには小さな花なんかも添えられていて、女性らしさが感じられます。

    くじらぐも018

さて、こちらではランチを頂きました。スープもお料理も塩分控えめで、素材の味が引き立って
いました。かといって味が薄いわけではありません。それぞれの材料の出汁が出て、うま味が
感じられるので、とても美味しく頂けます。

くじらぐも019

くじらぐも020

食後にドリンクが付いてきます。私はホットコーヒー、く~さん達はアイスコーヒーをお願い
しました。

     くじらぐも023

お料理同様、苦すぎない優しい味わいのコーヒーです。ガムシロの入ったピッチャーが
ミニチュアサイズのビーカーで、また可愛らしいです。

食後にこれからの行動予定を計画だてしつつ、のんびり。とりあえずお店を出て、PCで
検索しようということになり、お会計をしました。
その時お店の方に、『外にツリーハウスがあるので、よかったら遊んでって下さい』、と
言って頂きました。それなら遊ばないわけにはいきません。外に出て早速・・・

     くじらぐも025
登ってみました(笑) 先発のく~さんご主人。カメラバックが邪魔そうです
その後を追って、私も登ってみました。が、ココ大人の男が2人も上がってよかったんで
しょうか?(笑) ちょっと風が吹いてたこともあって、ハウスの上は常に揺れておりました。

イメージ震度2くらい(笑)

でも頑張って登った分、なかなか見られない風景が楽しめました。上の画像にもあるように
田園風景が楽しめたり、カフェを上から眺めてみたり・・・。

     くじらぐも028

ひとしきり童心にかえった後、車に戻りました。知らない間にすごい数の車が停まって
ました。人気のお店なんですね~。

くじらぐも034

都内在住の方には少々行きにくい場所にありますが、その分美味しい空気と綺麗な景色、
体に優しい食事が楽しめるお店です。
旅の目的地の1つとして、是非行ってみて下さい。

18:13  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Cafe 4月のさかな

2008.10.13 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、静寂の別荘地に佇むのんびりカフェ。
是非木々の香りも堪能して下さい。

では、どうぞ。


Cafe 4月のさかな
山梨県北巨摩郡小淵沢町上笹尾3332-795(地図
0551-36-5730
11:00~18:00
定休日:水曜・木曜
http://www15.ocn.ne.jp/~apr.fish/
BGM:なし
Parking:お店の前に3台くらい停められそうです。

リゾナーレの駐車場から車を出して、早速調査開始です。一応『食○ログ』なんかも
参考にしてみようと思いましたが、お店の情報はあれど、レビューがなかったり、
実際カフェの前まで行ってみても、やってるんだか分からなかったり・・・。
いよいよ友人も私も疲れてしまったその時、やっと見つけました
Cafe 4月さかな012-3

別荘地の真ん中で、パッと見近くには飲食店が見当たらなかった感じです。
捜査継続するモチベーションもきれかけていたので、満場一致で訪問決定です。
1階部分は店舗で、2階が住居なのでしょうか? 違うかな・・・とにかく立派な建物です。
          Cafe 4月さかな011-3

早速お邪魔してみます。店内は4人席が1卓と、2人席が4卓だったかな、コンパクトな
造りとなっています。椅子にも拘りがあるようで、座面が僅かにカーブしていて、お尻に
やさしい感じ。
Cafe 4月さかな003-3

Cafe 4月さかな006-3

そして今は使われていませんでしたが、テラスの席も用意されていました。もしかしたら
昼時とかは利用されているかもしれませんね。気持ちの良い季節ですし
          Cafe 4月さかな005-3

そしてこの席に座るのが予め分かっていたかのように、緑が置かれています。
Cafe 4月さかな001-3

さて探し疲れてほっと一息、お願いしたメニューは、友人は黒ゴマのケーキとコーヒー。
私は紅茶のゼリーとコーヒーといったオーダー。
コーヒーは一杯一杯かなり丁寧に淹れて頂きました。ご存知の方もいらっしゃるかも
しれませんが、ねじまき雲で供されるまでの時間と同じくらいかもしれません。
しばらく待っていると、登場です。
Cafe 4月さかな007-3

          Cafe 4月さかな010-3

Cafe 4月さかな009-3

友人のケーキは、ゴマの風味豊かで、甘さ控えめ、素朴な味わい、といった感想でした。
私のゼリーは、ゼリーというよりプリンといった感じ。こちらもかなり甘さ控えめに作られて
おりまして、主に紅茶の風味を楽しむ、といった感じです。

コーヒーのほうは、香り豊か。苦味がメインとなっていますが、全体としてはスッキリ
軽い味わいに思えました。

カフェを始めて2年になるそうですが、今なお店内には木々の香りが漂い、とても
気持ちの良い空間となっております。
メインの道からは離れているので、車の音もさほど聞こえず、のんびり静かに過ごす事が
できます。

人と違った穴場でゆっくり過ごしたい、そういう方にオススメのカフェです。



16:55  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Cafe Casa Da Noma

2008.08.17 (Sun)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、美味しいブドウとワイン。
酒造会社がオープンしているカフェです。

では、どうぞ。


Cafe Casa Da Noma
山梨県甲州市勝沼町勝沼3181(地図
0553-44-5233
11:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
営業期間:4月1日~11月30日(重要です)
http://www.haramo.com/
BGM:申し訳ありません、失念
Parking:併設の駐車場、20台くらいは停められそうです。

週末は体を休めるか、リラックスできる所に行くようになった最近。
今回は車で少し足をのばしてみました。
地方のカフェやグルメを紹介しているサイトでこちらが紹介されていて、是非とも、と思ってた
お店です

場所は山梨県の勝沼。ワインの醸造が盛んなだけでなく、桃を始めとした果物でも
有名な土地。
場所は勝沼ICを降りて北に向かって約10分。曲がる所がちょっと分かりづらいですが、
そんなに沢山小道があるわけでなないので大丈夫でしょう
電車だと勝沼ぶどう郷駅、歩くと20分から30分くらいといったところ。

こちらは原茂ワイン株式会社という所が期間限定で併設のカフェを営業しているのです。
当然ぶどうの栽培もやっており、敷地内にはぶどう棚が広がっています。
Cafe Casa da Noma019 Cafe Casa da Noma001 Cafe Casa da Noma018

おそらく蔵を改造して店舗風に造り直してると思われる店内。カフェは2階になります。
Cafe Casa da Noma017

少々急な階段を上がっていくと、4人用の席が6つくらい。そして2人で楽しめそうな
テラスの席が2つあったと思います。
黒光りする太い梁、高い天井、漆喰と思われる壁、趣深いです。
Cafe Casa da Noma002 Cafe Casa da Noma003
                   Cafe Casa da Noma007 Cafe Casa da Noma004

こちらでは当然ワインを楽しみたいところですが、運転ということもあり断念。
私はカプチーノにしてみました。連れはぶどうジュースです。
Cafe Casa da Noma006 Cafe Casa da Noma005
こんもり盛られた泡は、ものすごくキメ細かではありませんが、コーヒーの苦味と共に
最後まで十分に楽しむことが出来ます。

そしてお待ちかねのお食事。種類は2択。カーサ・ダ・ノーマ風カリーとパンの気まぐれ
ブランチ。もちろん両方頼んでみました。
まずはカリー。サラダとピクルスが付いてきます。
Cafe Casa da Noma012 Cafe Casa da Noma010

とてもサラサラの辛さ控えめのカレーです。スープカレーと言ってもいいかもしれませんね。
トマトの酸味が程よく感じられます。そしてごろっと大きなお肉が2つ。まずまずの量です、
女性なら十分満足でしょう。

そしてパンの気まぐれブランチ。
Cafe Casa da Noma008
カレー大好きな私ですが、やはりこちらのカフェではこちらをオススメします。
舞茸、シシトウ、などのグリルに南瓜のサラダ、ジャガイモの冷たいスープ、トマトの
ソーセージ等々もりだくさんです。パンも種類がありますし、満足度はかなり高いです。

せっかくココまで来たので、デザートも頂いてみました。
Cafe Casa da Noma013
杏のワイン漬け(うる覚え)と、バラのアイスとシナモンのアイスです。
ワイン漬け、美味しいです。当然アルコールはとんでしまってますが、それでも香りが
良くて・・・。お酒は飲めませんでしたが、雰囲気は十分楽しめました。ごちそうさまでした。

近くには温泉があったり果樹園があったり、これからの季節は更に味覚が楽しめそう
ですね。期間限定ですが、美味しい食事とワイン、試してみて下さい。

帰りに1階の販売スペースで白のハーフを買ってみました。

Cafe Casa da Noma016 IMG_0893.jpg

16:06  |  山梨  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。