04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

伽藍堂

2008.11.14 (Fri)

こんばんは。

今回ご紹介すお店は、拘りの日本茶と、和の甘味。
日本人に生まれて良かった・・・、と再認識できるお店です。

では、どうぞ。


伽藍堂
滋賀県大津市松原町9-29(地図
077-537-7443
10:00~19:00
定休日:水曜日+不定休
http://www.s1480.jp/contents/special/tradition01.html
BGM:ディズニーの曲のようなものがかかっていました。
Parking:コインPはこちら

cafe smileを出て次に向かった先はこちら、日本茶と甘味のお店『伽藍堂』さんです。
本当は、そのまま訪問先に向かう予定でしたが、時間と場所を変えてくれと言われ、
なんと大阪に・・・ 時間が大分空いたので、こちらのお店で軽く何か食べようと、
訪問してきました。

場所はJRの石山駅から5分くらい。おっきなスーパー平和堂のすぐそばにあります。
が、お店自体は1本入っていて、初めてですと分かり難いかもしれません。
細い路地にそのお店はあります。
伽藍堂001-2

周りの建物はつい最近建てられたような近代的な建物ばかりなのですが、こちらの
路地だけ、長屋っぽい昔ながらの建物が続いています。

早速暖簾をくぐって店内へ。
店内はこじんまりとしており、席数は総数でも20席くらい。やや暗めな感じなのも
昔の日本家屋ならでは、といった感じです。
伽藍堂006-2

   伽藍堂003-2
写真ではそうでもないですけど、見た目よりもちょっぴり暗めです。

店内は喫茶のスペース以外に和小物の販売もしています。私は拝見しませんでしたが、
お客様は頼んだものが来る間に色々見たり買ったりしています。『可愛い!』を連発して
いる奥様もいましたので、きっと良い物なんでしょう(笑)

さて私が今回頂いたのは、焼き餡子餅と、日本茶のセット。
伽藍堂005-2

餡子が大好きなので、とても美味しく頂きました。つぶあんも程よくつぶれていますので
口の中に残るという事もありません。
そしてやはりお茶。こちらのお店では八女のお茶。ほんのりした甘みが感じやすい
とても美味しいお茶です。急須とポットを用意してくれますので、二煎目、三煎目と
味わいの移り変わりを楽しめます。

そしてこちらのお店で出される、お水の替わりに出てくる『ほうじ茶』、こちらもとても美味しい
んです。今まで飲んでいたほうじ茶とは全く違った香りが発っています。こちらも
訪問の際には是非楽しんでみて下さい。

こういうお茶の美味しいお店を抑えておくと、コーヒーが苦手な人や年配の方の休憩などに
重宝しますよね。老若男女に喜ばれる石山の貴重なお店。これからもずっとそこにあり続け
ることでしょう。

伽藍堂002-2


スポンサーサイト
23:57  |  滋賀  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

cafe smile

2008.11.13 (Thu)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、湖を一望できる絶景カフェ。
店内の造りもさることながら、やはり天気の良い日に楽しみたい、オススメのカフェです。

では、どうぞ。


cafe smile
滋賀県大津市和邇北浜515(地図
077-594-2663
10:00~日没まで
定休日:火曜日
http://www.cafe-smile.com/cafe/index2.html
BGM:ボサノバ
Parking:30台くらい停められそうです。

都内や関東近郊の記事がたまっているのですが、これから関東以西は紅葉のシーズンに
入りますので、13日に訪問したコチラのカフェと、その翌日からの京都旅行の記事を先に
記事上げしたいと思います。参考になれば幸いです。

さてこの日、以前お世話になったお客様の本社が滋賀県の守口市にありまして、
そちらに訪問する前に時間調整の為(ホントか?w)、こちらのお店で朝のコーヒーを
頂いてきました。

場所は滋賀県の琵琶湖以西、琵琶湖大橋から車で20分くらいでしょうか。電車ですと
JRの蓬莱駅からのんびり歩いて15分くらいでしょうか。正直車での訪問がオススメ
です(笑)

この日はとにかく天気が良くて、景色を期待せずにはいられません。
携帯からアクセスの方には恐縮ですが、画像をメインでどうぞ。

IMG_1544-2.jpg
駐車場の所にある、錨のオブジェ。

IMG_1556-2.jpg
入り口はコチラ。

   cafe smile001-2
ワクワクしますね。

さて店内、想像していたよりも、遥かに広かったです。こじんまりしたカフェなのかと思って
いたのですが、東京でしたら、中・大バコクラスと言っていいかもしれません。
IMG_1548-2.jpg
様々な種類の椅子とテーブル。そして適度に置かれた植物と、茶色と白を基調とした
色使い。もろツボです。そしてどっしりとしたソファなんかもあります。

IMG_1549-2.jpg

そしてこちらに来たら、やはり窓際の湖を一望できる席に座って頂きたいです。
ため息が出ます。
IMG_1550-2.jpg

撮影の許しを伺ったら、『外に出るならどうぞ。』と、バルコニーの鍵を開けて頂きました。
お言葉に甘えさせて頂いたので、そこからの景色をどうぞ。
IMG_1546-2.jpg

IMG_1547-2.jpg

雲1つないとは、まさにこのこと。風もなく、とても穏やか。1週間くらい冬のような気温が
続いたせいか、大分紅葉が進んでおりました。もちろん、種類にもよりますが・・・。

さて、景色を満喫した後は、朝食です。シフォンケーキとコーヒー。
IMG_1551-2.jpg

   IMG_1553-2.jpg

コーヒーは最初苦味優先なのですが、口の中に残る味は酸味メイン。あまり濃くないです。
普段そんなにコーヒーを飲まない人でも大丈夫そうです。
シフォンケーキのお味はオーソドックスながら、面白かったのは、ブルーベリーとラズベリー
の両方とも凍っていて、シャリシャリした食感だったこと。これだと、口の中がさっぱり
していいですね。クリームはコチラのお店では、ややユルめのようです。強いて好みを
言うと、もうちょっとしっかりホイップしてあった方がいいのですけど、これはこれでアリかな。

今回私は開店間もない時間に伺ったので、1番最初のお客になり景色を独り占め
でも後から来た女の子達もみんな感嘆の声を上げていました。窓からは色づいた木々も
見られましたしこれ以上の眺めはない感じ。
   IMG_1554-2.jpg

営業時間が日没までですので、夕方からの空のコントラストも楽しめそうですね。
近くにあったら絶対通ってしまいそうな、そのくらい好みのカフェでした。

IMG_1557-2.jpg


23:43  |  滋賀  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。