08月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

NASU SHOZO CAFE

2010.03.13 (Sat)

おはようございます。

今回ご紹介するお店は、私がカフェ巡りをするようになった原点のお店。
変わらずそこに佇んでおります。

では、どうぞ。

NASU SHOZO CAFE
栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
0287-78-3593
10:00~18:00
定休日:第1金曜日
http://www.shozo.co.jp/
BGM:スロウなカフェミュージック
Parking併設されています、30台以上は停められるかな

く~さん達と那須のカフェ巡り、1988 SHOZOを出てから目的地はカフェではない場所。
そこではすっごく寒かったのですが、ばんばん写真をとって3人とも大満足。
すっかり冷えた体を温めに、こちらのカフェに行ってきました。

こちらのカフェ、もしかしたら1度話題にしたかもしれませんが、上にも書いたように、私が
カフェって良いなって思った最初のカフェなのです。だから思い入れもひとしお。
何年も前に友人と那須方面の別荘の売値を調べに現地に行ってみようって話になって、
せっかくだからお洒落な喫茶店(←この頃はカフェって発想はありませんw)でお茶でも・・・、
というので私が調べたカフェがNASU SHOZO CAFEだったんです。

初めて行った時は子連れのママさん達が4人くらい来てて、子供野放し状態だったので、
決して寛ぎ感は少なかったのですが、それでもお店の雰囲気やコーヒーの味、店員さんの
素晴らしい対応などを満喫して帰ったのでした。

そんな思い出のあるお店に日も傾きかけた夕方到着、大分車ははけていましたが、それでも
店内は人で賑わっておりました。

NASU SHOZO CAFE002

入り口入って手前側の4人席へ。だいたい4人で座れる席が多いです。観光地ですしね。
広い店内ということもあって、40席以上あるかもしれません。

寒い体を温めるべく、オーダーしたのは限定のココア。く~さんご主人はウィンナーコーヒー。
これにシフォンケーキを3人でシェア。

       sh005.jpg

ココアはとても濃厚で、甘さもちょうど良い感じ。そして今回1番感動したのは、シフォン
ケーキです。今までそれなりにシフォンケーキを食べてきたつもりですが、こちらのものが
1番美味しかったです。大好き!

       sh006.jpg
アップでもどうぞ(笑)

お店は18時までなので、そこまでゆっくりはできませんでしたが、体は十分暖まって満足。

僕のカフェ巡りの原点、く~さん夫妻は果たしてこのカフェを気に入ってくれたでしょうか?
ちょっと気になりつつ、お店をあとにしたのでした。

NASU SHOZO CAFE001

スポンサーサイト
09:01  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Cafe de Grand Bois

2010.03.07 (Sun)

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、重厚な外観・室内で頂く落ち着いたひと時。
高い天井と空気感はサロンのような趣です。

では、どうぞ。

Cafe de Grand Bois
栃木県那須塩原市本町5-19(地図
0287-64-2330
11:00~21:00
定休日:火曜日
http://www.cafegb.com/
BGM:ビートルズのインスト
Parking併設が2台、その他は駅の方に時間貸しの駐車場があります。

1月のお話です。いつも遊んで頂いているく~さん夫妻と那須の方へドライブしてきました。
那須方面といえば、カフェ好きな方ならご存知かと思いますあのカフェが目的地の1つなのですが、その前にこちらのお店に行って参りました。

場所は栃木県那須塩原市、最寄りの駅は黒磯駅です、歩いて5分くらいといったところ。
大正時代に建てられたどっしりとした造りの建物は元は黒磯銀行だったそうです。こういう
建物好きなので、外観からかなりツボでした。

cafe de Grand bois009

早速お店の中へ。すでに何組かのお客様がいらっしゃってました。4人用のテーブル席へ。
全部で20席くらいでしょうか。大ぶりの椅子を使っているということもあって、席数は
それほど多くはありません。

歴史ある店内、月日が経って焼けてしまった壁や、良い感じに傷のついた床、そして柔らかい
日差しが差し込む高い窓・・・、かなり心地よい空間です。

cafe de Grand bois002

     cafe de Grand bois001

cafe de Grand bois006

    cafe de Grand bois007
 
こちらで頂いたのはラテ、く~さんはマシュマロクラシックラテ、ご主人はダージリンティー。
ドリンクだけってのも画的に寂しいので(笑)、かぼちゃのプリンをオーダー。

   cafe de Grand bois005

おもいっきり逆光で申し訳ございません。たっぷりフワフワ感が伝わるでしょうか?
(無理だろうな・・・orz)

  cafe de Grand bois003

かぼちゃのプリンは濃厚の一言。それこそ裏漉ししてそのまま固めたような感じです。
それくらいぎゅっと詰まった味わいで、それほど大きくはないんですが、十分満足できる
と思います、オススメです。

お昼前だったのですが、早めにランチを食べるお客様なんかもいたりして、店内には
良い香りが漂っておりました。HPを見たらランチもとても美味しそうです。

BGMはビートルズ、大正時代の建物とビートルズはもちろん時代は違いますが、見事に
マッチ。時間さえ許せば端っこの席でいつまででもこの雰囲気を感じていたい、そんな
お店です。

ごちそうさまでした

11:29  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

cafe饗茶庵

2010.01.04 (Mon)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、今まで行ったカフェの中でも到着するのに1番迷ったカフェ。
味も接客も良かったですが、なにより到達感が最もあったカフェでもあります。

では、どうぞ。

cafe饗茶庵
栃木県鹿沼市上材木町1737(地図
0289-60-1610
11:30~22:00
定休日:月曜日・第3火曜日
http://www.kyochaan.com/index.html
BGM:カフェミュージック
Parking:10台くらい停められるかな

日光珈琲を出てメインの通りに出ると、なにやらお祭りのような賑わい。ちょうどこの時
焼きそばのイベントみたいなのをやっていて、周辺の栃木焼きそばのお店がこぞって
出店を出して、ナンバー1を決める大会のようなのをやっていました。

一緒に行った友人が日光珈琲でお腹が満たされなかったらしく、こちらで少々買い食いタイム。
栃木の焼きそばといえば、ジャガイモが入っているようです。個人的には口の中がポサポサに
なって食べにくそうだなぁと思うのですが、実は食べてみたら美味しいのかも

さてそんなイベントでちょっとゆっくりしてしまったので、次に行くカフェの閉店時間に
間に合わなくなってしまいました。ということで予定を変更、車を鹿沼方面に走らせました。

向かった先がこの饗茶庵です。新鹿沼の駅から20分程、鹿沼駅からはもっとあるでしょうか。
たぶんバスが出ていると思いますので、訪問の際にはお店に問い合わせた方がよさそうですね。

車で行った私達ですが、すっかり暗くなったこともあって、ナビを頼りに向かうも、かなり迷い
ました。1度はお店のすぐそばまで辿り着いたのですが、袋小路になっていて、あまりにも近くに
お店らしい建物がなかったので、Uターンしたんです。目的地付近をかなりグルグルして、
車内の雰囲気も微妙になり(笑)、諦めかけた頃Uターンした場所に戻って周りを見渡したら、
他よりもちょっとだけ明るい場所があって、目をこらしてみたら目的のカフェでした

ようやく車を停めて、お店への道中約20メートル。その手前には立派な焙煎用の機械が・・・
なんと小屋をまるまる使っています

cafe饗茶庵001

そしてすぐ隣りがお店になっています。明るかったらここまで迷わなかったと思います。
立て看板出てますしね・・・

     cafe饗茶庵002

一軒家カフェとなっています。2階もなんかありそうだったんですが、階段らしいものも
見つからなかったので、よく分かりません。

それではお店の中へ・・・

     cafe饗茶庵009
                          ↑(なんでもない写真ですが、お気に入りの1枚)

こちらも店内は結構広いです。が、要所要所にお客様がいて、キョロキョロできませんでした
とりあえず、1番撮影がしやすそうな、窓際の席へ座ることに。ちなみに女子率100%(笑)
お客様が写り込んでしまうので、店内の座席風景は1枚だけ・・・。

cafe饗茶庵003

いろんな種類の机や椅子たち、でも統一感があるのは色合いと木目の取り入れ方のなせるワザ
でしょうか。

こちらでは甘いものを。ブレンドとシフォンケーキを、友人はガトーショコラです。

cafe饗茶庵006

     cafe饗茶庵005

またもや上手く撮れませんでした・・・ 特に暗い場面での単焦点の使い方がイマイチ分からん・・・。

そんな愚痴はいいとして、こちらのお店ではケーキのお味も勿論ですが、特にコーヒーの味が
気に入りました。お分かりの方も多いかもしれませんが、こちらのカフェと午前中にお伺いした
日光珈琲は同じ系列のお店です。奇しくも今回同じホットコーヒーを頂いたのですが、同じ
ブレンドなのかもしれませんが、私はこちらのカフェの方が好み。

もっとゆっくりしたかったのですが、この後佐野ラーメンを食べるという使命があったので、
適度に寛いでお会計をしました。
レジをしてくれた店員さんに日光珈琲大混雑の話をしたら、訪問のお礼とともに混雑ぶりを
聞いて苦笑いをしていました。

カフェの周りは人の流れも殆どないので、1度お店に入ってしまうと、ゆっくり出来ます。
美味しいコーヒーの為に、旅をするのも良いもんです。そんな旅先にこちらのカフェ、
オススメです

cafe饗茶庵007

ちなみに今回のカフェ訪問にあたり参考にした本はコチラ。カフェブログつながりの
◇ Leene ◇さんが出版に携わったという本です。ご興味のある方は、この本も合わせてどうぞ(未承諾広告w)

18:59  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

日光珈琲

2010.01.02 (Sat)

明けましておめでとうございます。
今年ものんびりペースで更新して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

今回ご紹介するお店は、最近テレビなどでもよく登場する栃木でSHOZOと
並ぶ有名カフェです。

では、どうぞ。

日光珈琲
栃木県日光市今市754 玉藻小路左(地図
0288-22-7242
11:30~21:00
定休日:月曜日
http://www.nikko-coffee.com/
BGM:カフェミュージック
Parking:10台くらい停められそうです

まだ去年の訪問記事がたまってますので、出来るだけ早めにアップしていこうと思います。

ETCの割引制度が施行されてから、結構遠出をするようになりました。あまり近場だと
お得感がないので、ついつい遠くを目指してしまいます(帰りに疲れちゃうのは承知でw)
で、今回の訪問地は栃木県の日光です。久々に東照宮に行きたくなったんです。
なかなか謎の多い東照宮をくまなく見てまわり、家康の墓はさくっと通りすぎる程度に
して、今回のカフェに向かいました。

こちらのカフェ、場所は少々分かりずらいです。Yahooの地図でもgoogleの
地図でもジャストな位置を示していないような気がします。ナビですとちゃんと駐車場まで
分かるように案内してくれたので、なんとか辿り着きましたが・・・。もし行かれる場合は
ちょっと時間に余裕をもって行ったほうが良いかもしれません。

さて、開店の20分ちょい前に到着しました。車を停めて・・・

     日光珈琲002

お店の前へ。すでに4人組のおばちゃん達が待っていました。

     日光珈琲005

かなり古い建物をリノベーとしたこちらのカフェですが、私の記憶が正しければ、以前は遊郭として
使用してたとのことです。大変貌ですね。

準備が間に合わなかったのか、開店時間をちょっと過ぎてからオープンとなりました。
席に着いて、周りをキョロキョロ。かなり広い店内です。中2階の席があったりと、面白い
座席構成となっています。

あと、こちらのカフェ、基本的に撮影禁止となっています。今回は注文をする際にダメモトで
撮影の許可を聞いてみたら、特別に許可を頂きました。ただ、オープンしてすぐに満席に
なってしまったので、いつも以上にたいした写真にはなっていません・・・。

日光珈琲006

     日光珈琲007

ステンドグラスのようなものを使ったりとかなりお店造りに手を入れています。
こういう雰囲気のカフェ、好きな方多いのではないでしょうか。

さて、とにかく沢山の人が一斉に注文するので、早めに食べるものを決定し、注文を・・・。
友人はオムライスのビジネスセット(ご飯ものとドリンクのセットのことです)、私は特性カレーの
ビジネスセットです。

この日は初雪が降るくらい寒い日だったので、ドリンクを先に出してもらいました。

     日光珈琲008

苦味メインの濃いめの珈琲です。結構好みでした、満足

そして先に友人のオムライスが登場しました。

日光珈琲012

すいません、特別に許可をもらったとはいえ、さすがにじっくり撮る事もできなかったので、
こんな画になってしまいました・・・。

そして友人が食べ終わる頃にようやく、私のカレーが登場(笑)

     日光珈琲013

もういっちょ、カレーのアップをどうぞ
   日光珈琲014

チキンカレーなんですけど、骨付きのお肉が2つくらい入ってて、その他にも卵やレンコン、
茄子や人参といったいろんな種類の野菜が沢山入っていました。ルーのお味は甘みがメインの
印象です。口に入れた時は味噌のような甘みが全体に広がってくるんですけど、その後に
しっかりとしたスパイスの辛みがやってきて、とても美味しかったです。カフェで食べられる
カレーの中ではかなり完成度が高いと思います(生意気な感想ですが

そして食べてる間にも続々とお客様が来て、待つ順番の紙に名前を記入しては、外に並び
始めます。たぶん1時間以上は待つことになると思うのですが、それを承知で皆さんお待ちに
なってました。

というのも、私が訪問した1週間くらい前にテレビの『ぷっすま』でこちらのお店が紹介されたらしく
それの影響でお客様が大挙して訪れていたようなのです。

ということでオーダーのさばき方や定刻どおりのオープンできなかった、などはある意味しょうが
なかったのかなぁって感じです。

お料理は美味しかったですし、お店の造りも自分の好み、丁寧な接客など全体的には悪く
なかったので近々また行くので、その時にゆっくりさせて頂こうと思います。

ごちそうさまでした

     日光珈琲015

22:34  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

1988 CAFE SHOZO

2008.11.08 (Sat)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は、カフェ好きの方なら聖地的存在のお店。
わざわざ足を運ぶだけはある満足度の高いお店です。

では、どうぞ。


1988 CAFE SHOZO
栃木県那須塩原市高砂町6-6(地図
0287-63-9833
13:00~21:00
定休日:第1金曜日
http://www.shozo.co.jp/
BGM:JAZZ
Parking:併設の駐車場があります、近隣にもありますので、聞いてみて下さい。

福島での仕事を終えて、せっかくだから、その土地近辺のカフェに行こうと思い、
『A Silktree cafe』をナビにセットして向かったのですが、現地まで行ってカフェが
開いてなかったらせつないので、予め電話してみました。そしたら、全く出る
気配がない・・・ 確認して良かったです。1時間以上移動する予定
だったので、傷が浅くて済みました。

ということで東京に戻りがてら、同行者にワガママを行って、行っておきたかった
ナンバーワンのお店、CAFE SHOZOに行ってきました

場所は那須、最寄り駅は黒磯。何故このような場所に、と思ってしまいますが、
その場所に赴いてみると、あぁ、ここじゃなきゃだめなんだなって気がしてきます。

お店の近隣はSHOZOの空気で包まれています。夜に伺ったので余計にそう
思ったのかもしれません。昼の訪問も良いですが、灯りのついた付近一帯は
その雰囲気が増します。
1988 CAFE SHOZO008-2

お店の扉を開けて、そのまま2階へ。いろんな本で見たとおりの素敵な風景が
広がっていました。
総席数は30席くらいでしょうか。詳しく数える事はできませんでした。どの席も
お客様同士の視界からずれるように作られているような感じで、周りが気にならない
工夫がされている気がしました。
1988 CAFE SHOZO005-2

1988 CAFE SHOZO006-2

店員さんの押し付けではない笑顔の対応、言葉遣い、距離感、どれをとっても
文句なしの接客です。そして皆さん清潔なのも加えておきます。

さて今回頂いたのは友人のがカフェオレ(←すいませんうる覚えです)とスコーンの
セット。私は森のブレンドG2と松の実のタルトです。
   1988 CAFE SHOZO003-2

1988 CAFE SHOZO002-2

1988 CAFE SHOZO004-2

1988 CAFE SHOZO007-2

コーヒーが最高に美味しかったです。私の好みど真ん中です。
タルトも松の実の歯触りがとても良く、しかも甘過ぎないお味でしたので、いくらでも
食べられそうでした。
それと友人のスコーンをちょっとだけ頂いたのですが、ちょっともっちりした感じの
スコーンといった味わい。恵比寿の『歩粉』のようなザクザク系とは別路線ですね

お客様も次から次へとやってきて、常にお店の中は満席に近い状態。皆さん心得て
いるようで、騒ぐ人は1人もいません。みんなこの空気を楽しんでいました。そして
皆さんお洒落。なのに私達は・・・(笑)

とにかく何時間でもいられる、いたい、そんなお店です。カフェという形態ですが、
日本の伝統、『侘び寂び』が感じられるとても深いカフェ。ここの空気感とコーヒーを
楽しみにわざわざ黒磯まで足を運ぶのも納得出来る、素晴らしいお店でした。

PS:今回特別に店内を2枚だけ撮らせて頂きました。食べ物はOKだそうですが、
   店内風景は基本NGのようです。また食べ物も、携帯での撮影はNGだと
   思われます。



23:53  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

JAMU LOUNGE

2007.12.15 (Sat)

こんばんは。

師走ですね。ここ都内北西部でも、心なしか、人々もあわただしく、そして
手にしている荷物も大きいような気がします。

今回は、そんな忙しなさを忘れられる空間を持つカフェです。

では、どうぞ。


JAMU LOUNGE
栃木県芳賀郡益子町益子3053-3(地図
0285-72-8634
12:00~20:00
定休日:木曜日
BGM:確かなかったと思いますが。。。
Parking:5台分くらい停められるスペースがあります。

益子に焼き物を見に、STARNETで食事を摂り、次に向かったお店はココ。
と、言いたいところですが、その前に益子焼の陶芸体験をしてきました。
その後伺ったのがこちらのお店です。

暗くなりかかった辺り、探し出すまで不安でした。たぶん真っ暗だっら見つけられ
なかったかもしれません。
店内には私達を除いて、2組のお客様。殆ど貸切状態です。
ココの特徴はなんといっても、照明の「かさ」の部分。そして温かみのある空間。
強烈なインパクトを受けました。文字にしづらいので、下手くそな画像をどうぞ。
IMG_1816.jpg  IMG_1817.jpg  IMG_1818.jpg

小上がりの席とかもあり、更に1番奥にも10畳くらいの貸切っぽい席もありました。
IMG_1821.jpg  IMG_1822.jpg  IMG_1831.jpg

天井も高く、そして大きい扇風機(なんて言うんでしたっけ?)が回っているので、
ぶら下がっている瓢箪の照明が揺れ、それを見つめていると、ボーっと不思議な感覚
になります。

今回頂いたのは、豆腐で作ったガトーショコラとスパイシーなチャイ。
IMG_1826.jpg  IMG_1823.jpg

と、黒ごまプリンと、ホットコーヒー。
IMG_1829.jpg  IMG_1824.jpg

ガトーショコラは豆腐を使ってるということもあり、甘さもさっぱりした感じで、くどさが
全く残りません。チャイもスパイシーさがとても好みな感じ。

私の方も同様にとても美味しかったです。プリンは黒ごまのつぶつぶが、上に
まだ残っていて、噛むほどに新たな風味が生まれる感じ。
コーヒーも香りがとても良くて美味しかったです。

それと器とか小物が上質! プリンのスプーンは貝で出来てました。
どの器もお料理の色を最大限綺麗に見せられるような、色合いの器たちです。

伺ったのは日曜日の16時半くらいだと思いますが、もしかしたら、お店、早く閉める
ことがあるかもしれません。私達が到着した頃は、食事のメニューに制限はありません
でしたが、30分位後に来たお客様には食事LO済み、デザートも選択肢が少なかった
ようです。夕方くらいに訪問の際は確認した方が良いかもしれませんね。

お店を後にする頃には、外はもう真っ暗。
IMG_1832.jpg

いつまでも椅子に座っていたい、夕方から夜に移り変わる、店内の趣きと、瓢箪を
見つめていたい、そんな感じにさせる、暖かい光を持つカフェでした。
IMG_1835.jpg

一緒に行った連れは、今まで行ったカフェで最高の空間、そして最高のガトーショコラ、
と大絶賛していました。

STARNETとは、全く趣が違いますが、こちらもかなりオススメです。
益子にお越しの際は是非!

PS:こちらのカフェの隣にkenmokuというカフェがあり、訪問予定だったのですが、
今回は未遂に終わりました(開いてなかったのです)。



21:00  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

STARNET

2007.12.14 (Fri)

こんばんは。

今回ご紹介するお店は栃木県を代表するカフェの1つ。
スゴク完成度の高いカフェです。

では、どうぞ。


STARNET
栃木県芳賀郡益子町益子3278-1(地図
0285-72-2270
11:00~18:00(平日)
11:00~20:00(土日・祝日)
定休日:金曜日(但し祝祭日の場合は営業)
http://www.starnet-bkds.com/
BGM:オリジナル(?)のヒーリング系BGM
Parking:駐車場が併設されています。

東京カフェマニアの川口さんがお書きになった本に載っていたこちらのお店。
ずっと行きたいと思っていましたが、益子焼を見に行くという口実を元に、やっと伺う
ことが出来ました。

場所は栃木県芳賀郡益子町。国内有数の焼き物の町です。すぐ近くの茨城県笠間市
には笠間焼きというのもあり、こちらも最近は道が整備されたようで、綺麗になって
ました。

到着したのは11時40分頃。建物の隣にある数台停められる駐車場に停められました。
道路を挟んで向い側の坂の上にも沢山停められる駐車スペースがあるようです。
車から降りて、全体を見渡すと、お店自体は横に広がっており、大きいです。
扉を挟んで右側がカフェスペース。左側がショップスペースになっています。
IMG_1809.jpg

ちょっと遠いですが、クリスマスリースの赤は唐辛子で出来ていました。スゴイな。

外観の大きさに比例して、店内はとても広いです。石造り(土壁?)のようになって
いますので、窓際の席は陽が射さないと少々冷えます。でもブランケットも置いて
ありますし、ストーブの配置も良いので、私はそんなに冷えませんでした。

今回頂いたのは、やっぱりカレー(1000円)とホットコーヒー(400円)
お赤飯のように真っ赤なご飯にスパイスの効いたカレールー。私には辛さが足りな
かったのですが、小さいお子さんにはちょっとキビシイ辛さ具合。

コーヒーは苦味・酸味とも控えめタイプ。食後の後味を考えての配慮でしょうか?
なんかこの雰囲気をずっと味わっていたくて、チビチビ飲んでました(笑)

12時を過ぎたあたりから、お客様が続々とやってきます。私達の席以外殆ど空いて
いたのですが、20分も経たないうちに満席になりました。人気の高さが伺えますね。

お客様の中には結構小さいお子様連れが多かったです。日曜日だったからというのも
手伝って店内はかなり賑やかでした。

帰り際に反対側のショップで焼き物を何点か買って帰りました。
が、これは益子焼ではないそうです。でも素敵な色・味わいでした。

上の画像のように扉の前で記念撮影をするご家族なんかもいらっしゃって、とても
微笑ましい光景も。

芸術の香りがするこちらのお店。幅広い人達に愛される、懐の深いカフェでした。

IMG_1810.jpg



21:00  |  栃木  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。